バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

フランスも規制の段階的解除

フランスは 5月11日月曜日から行動規制、営業規制を解除し始めました。17日日曜日からは、居住地から100 kmまでの外出が認められました。早速 Michelin は、大都市の半径100 km圏のお出かけ情報をメール配信しました。16日土曜日午後のことです。

 

「125 kmの行程は禁止されている?それほど明らかではありません。もし目的地が直線距離で100 km未満だったら、行き着くことができます。」と、さっそく自動車旅行の提案。今の時代、ポイントからポイントで簡単に距離を測れるので、こういう観光情報も立体的に使うことができます。

f:id:PECHEDENFER:20200527122929j:plain

タイヤメーカーのMichelin は、ご存じの通り地図や旅行ガイドを核とした旅行の総合サービスで知られています。ソフトな部門で働いている人たちには、待ってましたとばかりに仕事をします。

 

このように少しずつ社会が始動している感じは、明るい気分をもたらします。

 

段階的に活動が許可され、5月28日木曜日11:00にはパリの Bd. Haussmann のデパート、Le Printempsが再開店します。規制解除の象徴的な出来事らしく、大々的な記事になっています。

https://actu.fr/ile-de-france/paris_75056/deconfinement-a-paris-le-printemps-haussmann-autorise-a-rouvrir-ses-portes-par-la-justice_33867877.html

最初は時短営業と、日本と同じ。外国人観光客はほとんどいないので、さぞかし空いていることでしょう。

 

パリ空港も現状を伝えます。ポイント会員へのメールですが、平時と変わっている点を旅行者に伝えます。旅行者も従業員も空港でのマスク着用が義務付けられているとか、消毒用アルコールゲルがチェックインから搭乗までのあらゆる場所においてあるとか、掃除と感染防止を徹底して行っているとか、到着客は赤外線カメラによるチェックが入るとか、まるで当局者の案内のようです。

f:id:PECHEDENFER:20200527124731j:plain

営業しているターミナルは増えていませんが、商業的施設は次々再開します。2E-K と 2F では化粧品、モード、アクセサリー、本、食品が営業を始めました。レストランは 9:00 ~ 20:00に利用できますが、テイク・アウェイのみです。これまではわずかな食品と薬局だけだったので、だいぶ良くなりました。

 

会員相手には、ポイントキャンペーンも行います。全会員に 100 pts あげますと、雀の涙でもうれしいタダ。

Pour célébrer ensemble la réouverture de nos commerces, nous sommes heureux d'offrir à chaque membre du programme de fidélité My Paris Aéroport un bonus exceptionnel de 100 points.

ちなみに2020年12月31日に期限が来るポイントは、2021年6月30日まで有効になります。

 

f:id:PECHEDENFER:20200527130921j:plain

 

ヨーロッパの多くの国では、夏のバカンスに間に合うように域内移動を可能にするようですが、6月に新たな感染の波が来たら、それは流れるかもしれません。規制を緩めた結果、感染が拡大、再度規制という可能性はしばらくつきまといます。夏と旅行をめぐる状況は日本国内とよく似ています。未来はなかなか見通せません。