バス代わりの飛行機

Le rayon d'action illimité. D'une véritable ruche bourdonnante.

The O&MO Alliance と Sonesta

テルチェーンに関するニュースが2つ。

 

マンダリンオリエンタルとオベロイの連合

どういうこと!です。The O&MO Alliance という名の連合が生まれ、会員(MO 側は Fan of MO、Oberoi側は Oberoi One)は相互に優待されるようです。

The O&MO Alliance - Overview

The Oberoi Hotels & Mandarin Oriental Alliance (O&MO)

 

2年ほど前に

半分精神世界にいる国民と、現世が全ての国民 - バス代わりの飛行機

で書きました。中華文化とインド文化は全く混じり合わず、世界中で生息域が分離しています。Pechedenfer には中印は一寸たりとも重なることが無いように見えます。記事で指摘しましたが、(少なくとも2年前は)Taj と Oberoi の中国進出はなく、Peninsula と Mandarin Oriental のインド亜大陸進出もありません。

 こうした事情からホテルの所在地が相補的になるのは当たり前。プレスリリースでは「提携効果が非常に高い」となるのでしょう。実際 MO のサイトで調べてみるとこの通り。

f:id:PECHEDENFER:20200930182257j:plain

マンダリンオリエンタル系物件の所在地

f:id:PECHEDENFER:20200930182344j:plain

オベロイ系物件の所在地

しかし相乗効果なんて考えられません。インド系と中国系ではなく、ポイントと会員特典でしか判断しない顧客なら、この提携は大歓迎でしょう。こういうあらゆるホテルチェーンに都合がよい非特異的な客や、ポイントへの関心は低くても*、中国やインドに染まっていない客が多くないと意味がありません。

*:そもそも MO はポイントも上級会員もありませんね。会員か会員でないかの差だけ。

 

とにかく謎です。これは確かめてみるしかありません。しかし Fan of MO に入会するか、Oberoi One に入会するかでその先には全く違う世界が広がっています。中華と印度。この選択は容易ではありません。いきなり壁にぶつかります。

 

f:id:PECHEDENFER:20200930191439j:plain

 

巨大チェーンからの足抜け傾向はユーザーのチャンス?

皆さんよくご存じだと思いますが、巨大国際ホテルチェーンが所有する宿泊施設はわずかです。ほとんどのホテルの運営は別会社。所有者はさらに別ということが多いのです。ウェスティンホテル東京がまさにそれですが、投資会社が所有するホテルが多いことはよく知られています。

  9月30日で契約満了、マリオットから足抜けするウェスティンホテル淡路は、本日10月 1日をもって、グランドニッコー淡路になり、Bonvoy 会員から One Harmony 会員の相手をすることになります。ちなみにこのホテルの運営は株式会社夢舞台(兵庫県出資の第三セクター)です。

 

投資会社が、数多くの所有物件を一括して巨大国際チェーンと契約していることもあります。そういう場合、契約が続かないとチェーンからごっそりホテルが消えることになります。それが現実に起きつつあります。

Marriott in Danger of Losing 122 Hotels to Much Smaller Brand – Skift

Service Properties Trustという会社は、「金を払わなければ、所有する 122 のマリオットブランドホテルの契約を終了する」と通告したようです。これが難癖なのかどうかは知りませんが、所有者がやや敵対的な戦略に出たことは間違いないようです。というのも Service Properties Trust は、すでに自社所有の103 もの IHG ホテルを彼らのチェーン Sonesta の下でリブランドすると発表しています。独自のビジネスを充実させたいのです。Sonesta はアメリカ大陸にしか物件を持ちませんが、独自の会員プログラムもあるチェーンです。

 

宿泊客の方々にも影響があります。Sonesta の様に急激に拡大を図るホテルチェーンは、喉から手が出るほど自社会員が欲しいはず。するとステータスマッチには積極的でしょう。特に IHG や Marriott の会員だと、ホテル側にとっても義理があります。そうでない会員も、突然注目されるようになった新興ホテルチェーンということで、会員になるのは自然。ステータスマッチは大歓迎でしょう。

 

f:id:PECHEDENFER:20200930204750j:plain

このホテルの名前は、看板「3人の老いぼれ」なのか、建物中央「女王」なのかどちらでしょうか。

 

MO & Oの話もそうですが、パンデミックの影響で国際チェーンの損失は大きく、再編成があちこちで起きるのではないでしょうか。客としては自分の入会プログラムを見直して、ステップアップするチャンスです。

 

困ってしまうのは SPG アメックスの広告に熱心な方たちだけでしょう。アメックスも新しい商品を開発する頃合いです。