バス代わりの飛行機

Le rayon d'action illimité. D'une véritable ruche bourdonnante.

キャンセルや空席の優先待ち

東京周辺にお住まいの皆さんは、もし

 

成田エクスプレス、スカイライナー、エアポートリムジン、AIRPORT BUS『TYO-NRT』の空席優先待ち 

 

がセットで、JALサファイア会員かANAプラチナ会員のどちらか一方に付帯される特典だったら、それはプログラムを選ぶ時どのぐらい重要になるでしょうか。

 

意識されない重要さ 

マイレージプログラムでの上級会員への特典のうち、

・予約時の優先キャンセル待ち/優先予約

・空港での優先空席待ち

は地上でいうと、上で仮想した公共交通機関の優先利用に対応します。上級会員と言えば、ラウンジ利用と優先搭乗ばかり話題になります。しかし確実に目的地に送る、届けることが航空会社のサービスの基本です。運航が乱れた時に他の客より優先することは、「他から区別されて大切にされる客」への基本態度です。

 

高頻度利用する上級会員はこの特典に慣れて過ぎている一方、あまり搭乗しない JGCSFC 会員は滅多に必要にならないというメカニズムで、この特典は忘れられているのでしょう。

 

優先待ちは、移動が当たり前になっている国内線で特に大切です。国内線路線網は、国の交通インフラ。非常時の優先扱いは、工事で渋滞が生じた道路で先に通してもらうようなもの。しかも日本は、台風、強風、大雪、濃霧に、火山噴火、地震津波が加わる悪条件の国。自然要因で、すなわち予想外に航空機の運航が乱れやすいのです。魅力的なラウンジも結構ですが、優先待ちはもっと注目を浴びてよいのでは。

f:id:PECHEDENFER:20201125204356j:plain


上級会員特典

さすがに航空会社は自分たちを客観的に理解しており、優先待ちを最も基本的な特典としています。3大航空連合の共通エリート会員の特典に例外なく見られるので、サービス供給側のごく一般的な認識です。

 

1997年に結成されたスターアライアンスの場合、エリート会員の一番下であるシルバー (*S) 会員の特典は、

・予約時の優先キャンセル待ち

・空港での優先空席待ち

のみです。何も特典がなく、魅力がないとされる *S 会員ですが、基本的なものはしっかり押さえています。

Benefits and Privileges - Star Alliance

 

1999年創始のワンワールドでは、エリート会員のエントリーレベルはルビー会員。その特典は、

・優先予約(予約時の優先キャンセル待ち)

・空港での優先空席待ち

ビジネスクラスのチェックインカウンターの利用

・予約時の座席指定、優先シートの利用

でした。*S 会員の特典に、さらに2つ特典が加わっています。

Frequent Flyer Program: oneworld Emerald & oneworld Sapphire | oneworld

 

2000年スタートのスカイチームでは、その名も「エリート会員」がエントリーレベル。特典は、

・優先予約(予約時の優先キャンセル待ち)

・空港での優先空席待ち

・優先チェックイン

・優先荷物預入

・預入手荷物の追加

・優先搭乗

と大変充実しています。もちろん優先待ちは入っています。

Best Frequent Flyer Program | SkyTeam

 

エントリーレベルの会員特典は、連合の設置が後年になればなるほど、充実しています。*G、Sapphire、Elite Plus 会員の比較では、ここまで違いません。

 なおこれらの特典は必ずしも保証されているわけではなく、特に空港依存性が大きいのですが、そうだとしてもスカイチームの EL 会員の特典は大変すばらしいものです。

f:id:PECHEDENFER:20201125204154j:plain

ANAJAL の実際

旅先での不自由と日常での不自由では、許容できる要素が異なります。国内線は国の交通インフラであり、多くの場合その利用は日常。非常時の対応が重要です。そこでANAJAL の国内線の空席優先待ちの順番を比較してみましょう。

 

ANAでは 2020年4月1日より空席待ちの方法を変更、優先順位が細分化されました。

 

2015年~2020年3月

種別S:ダイヤモンド会員

種別A:プラチナ会員、ブロンズ会員、SFC 会員、SA*G会員、SA*S会員

種別B:一般のお客様

 

2020年4月~

種別A:ダイヤモンド会員

種別B:プラチナ会員

種別C:SFC 会員

種別D:SA*G会員

種別E:ブロンズ会員

種別F:SA*S会員

種別G:ANA マイレージクラブ会員

種別H:マイレージ非会員

種別J:その他

 

となったようです。露骨に自社会員を優先していますが、世界的な流行です。

 

JALでは、まだこの変更を行っていません。

 

種別S:JMBダイヤモンド、JGCプレミア、owエメラルド

種別A:JGC 会員、JMBサファイア、JMBクリスタル、owサファイア、owルビー

種別B:一般のお客様

 

です。この下に種別 C、種別 D があるはずですが、この記事では説明を省略します。気を付けたいのは、JALANA の追随を行うかもしれないことです。その時には JV の話も絡んできそうなので、要注目。

f:id:PECHEDENFER:20201125203926j:plain

 

意外と大きな違い

ANAJAL の国内線利用では、空席待ち優先を3大アライアンスの会員で比較すると、

 

ow Emerald > ow Sapphire = ow Ruby > SA*G > SA*S >> ST_EL = ST_ELPL ≒ 無価値

 

でした。ANAJAL で上級会員の割合が多少違っても、問題にならないぐらい違います。スカイチームのEL会員は非常に特典が多いのですが、国内線利用ではほとんど無力です。海外FFPの会員の方には、参考になるかもしれません。