バス代わりの飛行機

Le rayon d'action illimité. D'une véritable ruche bourdonnante.

Und weder Blitz noch Donner hielt sie auf

表題は「そして稲妻も雷鳴も彼らを押し止めることはなかった」の意。後世の人が2021年のオリンピック関係者を振り返り、こう表現するかもしれません。

 

どこでこんなフレーズを見つけたかというと、このビデオ。 

www.youtube.com

西ドイツのグループ Dschinghis Khan のデビュー曲 Dschinghis Khanは、1979年に発表され、世界中でヒット。その後もカバー曲が際限なく制作されました。昨年アップロードされたこのビデオはまさに現代の音楽クリップ。しかし古い音源だと思います。

 

このビデオは最近技術を使い、多くのモンゴル人が出演、主にモンゴル人の手によりモンゴルで撮影されたとみられます。金もかかっているはずで、誰が何のために制作したのか不思議。

 音楽は40年以上にわたって世界中にインスピレーションを与え続け、いまだに立派な創作になるのです。素晴らしい限りです。オリジナルの歌詞はゲルマンの英雄のイメージにモンゴルの西方展開の伝承をかけ合わせた感じがします。偉大な皇帝の姿からはかけ離れているらしく、モンゴル語バージョンは全く違う歌詞に。ただしこの新作ビデオは、多くの人に世界帝国モンゴルを印象付けるでしょう。

 

ちなみに創造者たちの舞台はこんな感じ。こう言っては何ですが、田舎のイベント会場のようです。

www.youtube.com

なおモーニング娘。にもカバーが作られました。比較すると興味深いと思います。

www.youtube.com

さて本題。6月に入ってから、路線就航(多くは再開)と増便のニュースが相次いでいます。 Traicy が報じたものだけでも、

 

日本航空:成田―メルボルン便 6~7月に週2往復

     成田―シアトル便 7月より週3往復を週4往復に

     成田―ロサンゼルス便 9月より週4往復を毎日運航に

     成田―マニラ便 9月より週4往復を毎日運航に

タイ航空:中部―バンコク便 7月1日より週2往復

     羽田―バンコク便 7月1日より週2往復

     関西―バンコク便 7月以降週2往復から週3往復に

フィンエア:成田―ヘルシンキ便(A350-900)週3往復(継続)

      羽田―ヘルシンキ便 開設

      中部―ヘルシンキ便 9月開始予定

エールフランス:羽田―パリ便 6月20日より週3往復、7月5日より週5往復

        関西―パリ便 週3往復(継続)

フィリピン航空:福岡―マニラ便 6月14日より週3往復を週4往復に

        中部―マニラ便 6月19日より週3往復を週4往復に

        成田―マニラ便 週5往復(継続)

        関西―マニラ便 週5往復(継続)

ハワイアン航空:成田―ホノルル便 週3往復(継続)

        関西―ホノルル便 週1往復(継続)

SAS:羽田―コペンハーゲン便 7月10日より週2往復

ルフトハンザ:羽田―フランクフルト便 7月1日より週3往復を週4往復に(747-8に)

       羽田―ミュンヘン便 8月1日より週3往復(A350-900で)

       関西―ミュンヘン便 6月29日より週3往復(A350-900で)

アリタリア:羽田―ローマ便 7月9日より最大週5往復

エア・カナダ:成田―トロント便 7月7日より週6往復

        

この他に数多くの臨時便が設定されるに至っています。

 

日本便を再開するにあたって、東京の就航地を成田から羽田に変えた会社が複数あります。今年の夏からは、相当賑やかになりそうです。

f:id:PECHEDENFER:20210608194928j:plain

騒音もより頻繁に発生するはずです。

 

他のアジアの都市でも調子は似たようなもの。BA はシンガポール線を再開します。

British Airways est de retour à Singapour | Air Journal

 

世界各地でワクチン接種が着実に進み、国境を越える移動が増大する―――この勢いも止められそうにありません。稲妻であろうと雷鳴であろうと。