バス代わりの飛行機

Le rayon d'action illimité. D'une véritable ruche bourdonnante.

エーゲ航空の会員救済は自社利用が前提

エーゲ航空の対応

パンデミックによるサービス停止の補償として、各社が上級会員資格の延長を進めています。あっさりしている会社は、あまり手間をかけたくないようで、さっさと2年間延長に。往生際が悪いエグゼクティブクラブは4分の1の会員が2年、残りは1年の延長になっています。

 

そういう軸に乗らない中小の航空会社。エーゲ航空の対応を見ていると、地域航空会社は良くも悪くもその地域で閉じていると感じます。

f:id:PECHEDENFER:20210924184351j:plain

9月22日に届いたメールで告知があった新たな対応は、「会員レベルの維持や獲得に必要な資格マイルを25%割り引く期間を延長する」というもの。昨年からこの割引を適用していますが、これを5月31日まで延長。必要なマイルをまとめると

 

ブルーからシルバー会員

達成はエーゲ航空オリンピック航空の 2搭乗を含む 9,000 tier miles または、航空会社を問わず 24,000 tier miles。

 

シルバー会員維持

維持はエーゲ航空オリンピック航空の 2搭乗を含む 6,000 tier miles または、航空会社を問わず 16,000 tier miles。

 

シルバーからゴールド会員

達成はエーゲ航空オリンピック航空の 4搭乗を含む 18,000 tier miles または、航空会社を問わず 48,000 tier miles。

 

ゴールド会員維持

維持はエーゲ航空オリンピック航空の 4搭乗を含む 9,000 tier miles または、航空会社を問わず 24,000 tier miles。

 

赤字の部分が、キャンペーンによる割引です。詳しくは以下のリンクで。

We extend our tier retention and upgrade rules policy! | Miles+Bonus

 

なおエーゲ航空またはオリンピック航空の 2搭乗、4搭乗は、これらの会社の運航が必要条件です。コードシェアする他社運航便は数に入りません。

 

同時キャンペーン

エーゲ航空は同時に次の二つのキャンペーンを走らせています。絶対に偶然ではありません。

 

[1] エーゲ航空オリンピック航空で Tier miles が 2倍

・2021年 9月22日から10月 6日の間に予約

・予約出来たあらゆる搭乗日が対象

リンクは以下の通り

Double tier miles with all flights! | Miles+Bonus

 

[2] Tier miles 購入で、25%割引

・2022年 5月31日までに購入

・ブルー会員は 3,000、シルバー会員は 4,000、ゴールド会員は 5,000 miles まで購入可。

リンクは以下の通り

More purchase tier miles options! | Miles+Bonus

 

f:id:PECHEDENFER:20210924185553j:plain

 

試算してみたら

全てのキャンペーンをフルに使うと、わずかな搭乗でゴールド会員を更新できます。

 

1,000 miles x 100 % x 2 (往復) x 2 (倍) + 5,000 miles (購入) = 9,000 miles

 

どうです。 1,000 miles の旅程を乗継ぎで往復という旅程に加えて、375 € の余計な支払いでゴールド会員継続です。これだけ見ると、楽勝ではありませんか。問題はギリシャに行くことが可能かどうかに尽きます。

 

Miles and Bonus 時代に累積 2万マイルの搭乗でゴールド会員になり、その後その会員レベルを継続している場合、2022年 5月23日に会員期限が来ます。

 すでにエーゲ航空は、会員レベルとマイル積算期間を半年間延長するという措置をとりました。この昔からのゴールド会員は、2019年11月24日~2021年5月23日の間に、

 

エーゲ航空+オリンピック航空 4搭乗を含む 9,000 miles またはスタアラ 24,000 miles

 

という搭乗実績があったのです。国際線が普通に飛んでいたのは 2020年 2月までですから、この条件は決してやさしくありません。このパンデミック下で 24,000 mile/yr は至難の業。一方エーゲ航空に乗れば、露骨に楽勝。すでにこのフィルターにかかって、世界のゴールド会員は減ったのではないかと危惧しています。

 

幸運にもゴールド会員を維持できている日本人なら、ゴールデンウィークに欧州に行けるかどうかが相当な関心事になっていることでしょう。

 地域航空会社では、非常時に地域外の会員が救済の網から漏れても不思議ありません。地域外の顧客まで視野に入れて制度設計するほどの力はないのです。反面、小回りは利くので熱心に頼み込んだら何とかしてくれる気もします。

 お願いメールは最後の一手として、とりあえずは GW の旅程を練るところから始めましょうか。