バス代わりの飛行機

Le rayon d'action illimité. D'une véritable ruche bourdonnante.

エーゲ航空は 2022年 3月から10月の航空券の値引きセール

もう来年の夏休みの航空券のセールが始まっています。

 

エーゲ航空のエコノミークラスの航空券は -20 ~ -30% OFFで販売中。サーチャージにも適用される気前が良いフラッシュマーケティングです。日本人にとっては、来年のゴールデンウィーク、夏休み、シルバーウィークをカバーします。

https://en.aegeanair.com/plan/offers-competitions/international-promotion/

 

販売:2021年11月8日23:59(ギリシャ時間、11月 9日 6:59 JST)まで

搭乗:2022年 3月28日から 6月30日まで (-30%)

   2022年 7月 1日から  8月31日まで (-20%)

   2022年 9月 1日から10月30日まで (-30%)

 

航空券の変更については、他のキャンペーンや予約クラスに注意していないといけません。

 

エーゲ航空はかなり早期にキャンペーンを打ち出しますが、パンデミック以降その傾向が際立っています。今回も 2022年の夏ダイヤが決まったとたんに、会員へ通知したようです。メールは11月  6日0時ごろ届いていました。

f:id:PECHEDENFER:20211108171246j:plain



エーゲ航空に搭乗するためには、ざっくり言ってヨーロッパまで何らかの方法で到達しなければなりません。例えば GW 期間を対象に販売を調べると、かなりフライトが少ないのが現状。またタイ航空の様に、「タイでは12時間を超えるトランジットによる滞在は許可されない」と注意を喚起しても、それをクリアできる接続が探せないというようなケースもあります。

 

振り返ってみれば、ワクチン接種が集団免疫獲得の鍵となるという説は、根拠が薄弱な希望的観測でした。シンガポールイスラエルにおける感染の増大が反証を与えます。シンガポールは一年もの間一日一桁の感染発生を連続していたのに、ワクチン接種率が 80%を越えた頃(9月初頭)から、今まで例を見なかった桁違いの感染発生に見舞われています。素直に評価すると、ワクチン接種と感染発生の間に真逆の因果関係が導けます。

 ドイツ、イギリスでも感染爆発が起きており、ドイツでは11月 5日、一日の感染記録を更新しました。新規患者の発生が落ち着いている日本からの旅行を計画するには、少々覚悟が必要です。

 

日本に住んでいると、「年末も、GW もどうするか決めかねているのに、エーゲ航空はもう夏休みですか」という嘆きは相変わらず有効と言うか、当然です。ヨーロッパは遠く、顧客プログラムは日本の実情からかけ離れていると感じることが時々あります。この疫病禍では顕著でした。