バス代わりの飛行機

Le rayon d'action illimité. D'une véritable ruche bourdonnante.

エールフランス2022年夏の運航予定

 

世界中でウクライナの地名が急速に修正されています。日本でも本来ウクライナ語の音に沿った表記にすべきだったのに、我々はサボっていたのですね。これを機に旧ソ連邦を構成していた土地の表記は見直すと良いと思います。ジョージアはサカルトベェロでは不都合なのでしょうか?英語名だと、アメリカの州と同じになって紛らわしいのですが。

 文化史も再整理すべきです。例えばプロコフィエフウクライナ出身の作曲家でよいし、ホロヴィッツリヒテル、ギレリスなどというピアニストたちは全てウクライナ。バイオリンのアイザック・スターンもそう。作家のゴーゴリも舞踏家のニジンスキーウクライナ出身。(映画監督のエイゼンシュタインラトビア。)

 もっとも文化の方は国が号令をとる話ではなく、一人一人が正確に理解し、正当に扱うことだろうと思います。

 

4月 1日の報道

今年の夏、エールフランスは 70 の夏季限定の就航地を含む 196 の都市に運航することが発表されました。この数字は 2019 年の 90 %に相当します。つまりパンデミック以前の状態にかなり戻ります。

Air France cet été : 196 destinations, presque comme en 2019 | Air Journal

 

特に長距離便の回復は目覚ましく、北米路線では、14都市に一週当たり 200 便が運航されます。これは 2019年夏の 20%増です。JFK-ORY 便は 3月27日に再開され、CDG 便を補っています。両空港合わせてパリーニューヨーク便は一日 7便!他にも 5月 4日から、ダラスに一日 5便運航されます。

 

大西洋横断ではデルタ航空を含むスカイチームで共同事業を行っていますが、CDG と JFK の間に初めて navette を設定することになりました。navette はキリの良い時間、キリの良い周期で出発するシステム。フランス国内線ではおなじみでした。CDG-JFK 間では 6月初旬から、

CDG 発:8:30, 10:30, 11:30, 13:30, 14:30, 16:30, 18:30, 19:30.

JFK 発:16:30, 17:30, 18:30, 19:30, 21:00, 22:00, 23:00, 23:55.

となります。6便が AF 運航、2便が DL 運航です。販売は4月初旬から。

 

カナダ便もパンデミック前の設定の 25%増。ケベックへの直行便も 5月17日に就航します。

 

アフリカ便では「COVID 危機前の運航レベルを回復」します。アビジャンと CDG には一日 2便、ザンジバル諸島バンジュールへも夏の間中運航されます。

 

アジアでは運航密度の上では 2019 年以前よりは減便になるものの、ほとんどすべての路線を復活させます。

 

f:id:PECHEDENFER:20220403185115j:plain

 

中短距離では、7月、8月の便は COVID 以前のレベルに戻します。CDG からは、AFとしては初の就航となるザキントス、チラナ、テネリフェを含む 23もの季節路線が設定されます。ORY からの新路線ではアルジェ便、チュニス便が夏中運航され、CDG 便を補います。2021年夏にも運航されたイビザ、パルマ、バーリ便は運航回数が増えます。

 

最後に国内路線網では 47 の夏路線が営業します。地方空港からの国際線では、マルセイユーサントリンが 7月 8日より、マルセイユチュニスが 7月 9日より、ニースーイラクリオンが 7月 8日より、ニースーロンドン LHR が 7月 9日より就航します。コルシカへは今年、 ボルドー、カーン、クレモンフェロン、リール、リヨン、ナント、パリ(CDG, ORY)、ポ、レンヌ、ストラスブールから運航されます。

 

Transavia と合わせて夏に就航される都市のリストが、上記記事に出ています。

 

なおエールフランスは現在、100%の航空券が変更可能であり、費用なしに予約を変更できます。旅行する気がなくなったら、クーポンとして払い戻されます。どちらも出発前に行う必要があります。もしフライトがキャンセルになったら、旅を後日にする、航空券を全て払い戻す、クーポンを受け取るから選択できます。クーポンは利用しなければ払い戻しが受けられます。

 

3月30日と 4月 3日の報道

一方、日本に目を向けると JAL 国際線の 5月、6月、7月の減便率はそれぞれ 67%、46%、38 %になると報道されています。

JAL、国際線の運航拡大 7月の減便率38%に - TRAICY(トライシー)

62 %の運航率は、おそらく今夏のエールフランスより劣ります。しかし JAL は頑張っている方です。

 

キャセイパシフィックの日本支社は 4月、5月のスケジュールを発表しましたが、香港―成田と香港―関空のみ運航されます。成田発 5便、関空発 4便、香港発16便だけです。これは毎週の数字ではありません、二月間の数字です。

キャセイパシフィック航空、日本線の運航計画更新 - TRAICY(トライシー)

 

アジアより欧州の空の方が回復が早いという見方はかなり正しく、これは日本のフライングブルー会員にとって悪いことです。有効な搭乗がなかなかできないことを意味するので、会員資格の維持がいずれ問題になると思います。