バス代わりの飛行機

Le rayon d'action illimité. D'une véritable ruche bourdonnante.

イスタンブール空港トルコ航空 Miles&Smiles ラウンジ

 

到着してセキュリティコントロールなしに出発コンコースへ抜けられました。治安は良好なようです。華々しく商業区域が広がります。

 

このターミナルは非常に広く、少し歩く覚悟が必要です。カートで運んでもらうサービスもありそうです。

そういえば旧空港も、ターミナルにやたら多くのゲートが設置されていました。そういう構造が好まれる土地柄なのでしょう。

 

クアラルンプールは露骨にそうですが、ここも樹木と森をデザインの基礎にしたと思われる空港ターミナル。

 

しばらく歩くと、スカイチームのラウンジがありました。ターミナル内宿泊施設の Yotel も。

 

トルコ航空のラウンジには、マイルズ&スマイルズラウンジ、ビジネスラウンジがあります。両方巡って違いを確認するほどラウンジ好きではないので、スターアライアンスゴールドのマークを確認して、こちらに落ち着くことにします。

 

入室チェックは自動改札でした。よく機能しておらず、サイドにある有人カウンターに行く羽目になる客が続出。入室すると、右手にwifiのコードの発券機があり、左手がラウンジの本体。ご自慢のグランドピアノが迎えてくれます。

ここは中二階であり、天井はターミナルの天井です。内装は壁、床、家具ということになりますが、まずまず凝っています。床は無垢材のようでした。

 

ただし、奥へ向かう途中で何か所かある石造りの壁や柱はフェイク。この壁の内側はキッチンです。

 

ランチタイムとディナータイムはここで調理して、皿を次々と供給するシステムのようです。まだ早朝なので稼働していません。

結局のところ、ラウンジの評判は食物の量と種類でほとんど決まります。人件費がかからず、食物が豊富な国ではこういう演出は効果的です。

 

インテリアを気にするのは、残念ながら少数派です。

 

オフタイムはこういうフードステーションにて、陳列されている食物をセルフサービスで。種類は多くありません。

 

イスラム教国の航空会社は、子供向けの施設、仕掛けが充実しています。旧イスタンブール空港のトルコ航空ラウンジにも、子供が遊べるような大掛かりなおもちゃが設置されていました。このサーキットは新ラウンジ開業に合わせて揃えたのでしょう。

 

シートの数は半端ではありません。

 

いろいろな雰囲気の空間が楽しめるのは、トルコ航空ラウンジの良い所。旧空港でもそうでした。

 

トイレのバラは本物のようです。こういう点は、個人的には大変評価が高くなります。手を洗いながらも次に何を食べるか考えている客は、気づきもしないことでしょう。

 

少し本格的に朝食を並べます。テーブルは普通。

再現しやすい配列にして煽ります。SFC を持っていても、イスタンブールでは手も足も出ますまい。

 

こちらもキッチンです。

 

皆さんお好きな駐機場の光景が眺められる空間もあります。

ラウンジ=飛行機が見える開放的な空間+飲み放題+食べ放題となっている客が多いのは、残念な傾向。一人一人は全く悪くありませんが、そんな人間ばかりという嗜好の単一化はよろしくありません。

 

奥まったところにナップエリア。ただし壁が何だか中途半端なつくり。

多くのラウンジでは、ビジネスエリア、ナップエリア、着席エリア、ダイニングが分かれるようにしたいようですが、このラウンジは比較的よく機能しているようです。

 

こんな着席エリアもあります。

オットマンに見えなくもないテーブル。上に足を載せる行儀の悪い客が出そうです。

 

ラウンジ内天井もあります。総じていえば、インテリは気に入りました。