バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

TG677:NRT-BKK エコノミー

だんだん貴重になってきたA380の搭乗です。この機材がデビューした21世紀初頭、購入各社はこぞって東京便に利用しました。今ではほとんどが撤退しました。日本のマーケットは各社の期待に届かなかったのです。日本の衰退を象徴するような出来事です。

 

貴重なA380で飛んでくるタイ航空は、成田空港ターミナル1南。利用者はすぐ気が付きますが、United Airlinesがでかい顔をしているターミナル。

f:id:PECHEDENFER:20170917004248j:plain

これが出国審査を出て目に入る光景です。目立つ場所に駐機する機材が多いUA。ここはHoustonでもDenverでもありません。デルタが日本の航空当局に対して多大なる不満を抱えているのも判る気がします。

f:id:PECHEDENFER:20170917004618j:plain

今日はデルタの利用でないので、アメリカの力学はどうでも良い話。冷静にターミナルの観察をします。

 最近出来た有料ラウンジ。アルコールは別料金ですが、利用料金1,200円。使う人も多いかと思います。一応ターミナル1南側の区画ですが、北側からも近い場所で、スカイチームの客も狙っているようです。

f:id:PECHEDENFER:20170917005508j:plain

ここから程近いところに、シャワーと仮眠スペースのサービスもあります。この2箇所に加え、飲食店も利用すれば、トランジットホテルもラウンジも要らないということになりそうです。

f:id:PECHEDENFER:20170917130859j:plain

残念なことに、このラフィネは9月30日閉店の予定です。成田空港では

①ターミナル2制限区域内のラフィネは営業を続ける。すなわち

②ターミナル1はターミナル2に比べて、シャワー需要が小さい。すなわち

③ターミナル1の客はターミナル2の客に比べて臭い。

と結論するのは、いくら何でも無理があります。

 ターミナル1には別のオアシスがあり、それを利用する人が多いのですから。

f:id:PECHEDENFER:20170917132430j:plain

つまり上の三番目の結論の部分は、

ANAラウンジのシャワーは、サクララウンジのシャワーより混んでいる。

とすべきでした。それでも赤組でも青組でもない客には、飛躍していますが...。

 

本日の指定ラウンジなので、やせ我慢せずに入室します。

f:id:PECHEDENFER:20170917132752j:plain

いわゆる「餌場」に重ねられた皿。壮観です。このちょっとした工夫が日本。

 

いつもどおり飲食・くつろぎエリアの混雑は尋常ではないので、人のいないところへ退散します。

f:id:PECHEDENFER:20170917133057j:plain

残念ながら、ここでも麺類を盛大な音を立ててすすっている方がおり、静謐な環境ではありません。ANA利用ではあらゆる場面で聞こえてくる麵すすりの音。ANAのバックグランドミュージックですね。

 ここは日本なのでいろいろ言うのも何ですが、1人のヌーハラのため静かな環境がぶち壊しと思うアメリカ人もいるでしょう。「わざわざ静かなセクションに不快な音を出しに来るな」と発想するわけです。給餌エリアの混雑が根本的な問題ですが、麵をすする音に非寛容な人はそこまで知恵がまわらないでしょう。一方このセクションは、静かな環境の提供が意図されています。音を立てる方に問題があることは言うまでもありません。

 

寿司バーを始めるようです。ANA英語については、コメント無用でお願いします。

f:id:PECHEDENFER:20170917134141j:plain

 

いつも興味深いANAラウンジですが、搭乗時間が迫ってきたので立ち去らなくてはなりません。ゲートに来てみたら、びっくりの列。

f:id:PECHEDENFER:20170917144044j:plain

前方に行って確認したら、隣のゲートでした。列が長すぎて、並ぶとゲート表示が読めません。これも名物?

 

ようやくご搭乗となるA380。久しぶり。前回は昨年タイ航空でバリ往復をした時。

f:id:PECHEDENFER:20170917141556j:plain

1階は全てエコノミー。2階最後方にも小さなエコノミーのキャビンがあります。ただし入口は1階で一箇所しかないので、最後方まで歩いて、そこから階段で昇ります。

f:id:PECHEDENFER:20170917141809j:plain

2階エコノミーキャビンの最前方から撮った写真。

f:id:PECHEDENFER:20170917142052j:plain

小さな区画。そこそこ人気があるので、大体混んでいます。本日は幸運にも隣席不在。快適なフライトになったのは良いのですが、いつも空いているとタイ航空もA380撤退となるので、少々心配。

f:id:PECHEDENFER:20170917142316j:plain

 

前方はビジネスクラスのキャビン。

f:id:PECHEDENFER:20170917142354j:plain

本日は世界一のエコノミークラスを検証するという崇高な目的があるため、他のキャビンには関心がありません。と、粋がる必要もなく、前方があまり良いとも思いませんでした。エコノミーでもワクワク感があるA380の2階のキャビン。

 

安全のビデオは日本語字幕。このビデオ、音声は英語とタイ語だけですが、路線によって字幕の言語を変えています。

f:id:PECHEDENFER:20170917142735j:plain

ゆったりと離陸して、すぐにシートベルト着用サインは消灯。

 

気流による揺れもゆったりしていて、過ごしやすい機内環境が提供されるのがA380。微振動もあまり感じられないし、疲労も最小限。乗り心地の点では抜群だと、いつも思っているのですが、あまり指摘されることはないようです。気のせい?

 

機内サービスはスナックから。

f:id:PECHEDENFER:20170917145257j:plain

 

世界一のエコノミークラス機内食も検証しようと思ったのですが、記事が長くなるので、それは帰りの便で。

 

このフライトで特筆すべきサービスをひとつだけ。

f:id:PECHEDENFER:20170917145653j:plain

ここはエコノミークラスのトイレ。このクラスでここまでの飾りつけはありえません。ここだけファーストクラス並みでした。

 

エーゲ航空、ゴールド会員継続

エーゲ航空(A3)のマイレージプログラム(FFP)、Miles+Bonusです。プログラム自体に関して、新しくて有益な情報を提供できればよいのですが、そういう話ではありません。個人的な話に留まり恐縮ですが、今年度もゴールド会員を更新しました。

 

FFPに名称変更と制度改正があったのは2014年9月。早3年になります。それ以前にゴールド会員になり、ずっと継続している場合、会員年度は11月開始、11月終了のはずです。Pechedenferは旧制度(2010年7月~2014年9月)終了の半年前にゴールド会員になっています。

 旧制度では、1年以内のStar Alliance各社の20,000 miles搭乗でゴールド会員資格獲得、更新条件は無しでした。新制度では更新に搭乗が必要となったので、2015年11月を境にゴールド会員は激減したはずです。2017年11月の節目では、資格維持組の数は安定しているのではないでしょうか。

 

何はともあれ、Pechedenferは2018年11月23日までゴールド会員。

f:id:PECHEDENFER:20170924154630j:plain

同時にStar Allianceのゴールド会員でもあります。

 

今年Star Allianceが20周年を迎えるため、その部分のデザインが変わりました。すべてのカードのデザインがそうなっているはずです。

f:id:PECHEDENFER:20170924154240j:plain

他のFFP、例えばANAマイレージクラブでもそうなのでしょうか?少なくても空港のStar Allianceの案内板などは、そのままです。会員にならないとよくわからない部分です。

 

今回の更新ではエーゲ航空のエコノミークラス4搭乗に加え、タイ航空(TG)のエコノミークラスに乗って更新しました。エーゲ航空4搭乗でほぼ4,000 miles積算されたので、タイ航空は8,000 milesだけで済みました。南アジアを往復でもOKだったのです。実際には更新のために旅行をしたわけではないので、もっと長距離を飛んでいます。

 

Miles+Bonusでは、ステータスマイルを年間2,000 milesまで購入することができます。100 EURです。

容易なスターアライアンスゴールド2017年版(その1) - バス代わりの飛行機

例えば、

・A3の4搭乗(BCN-ATH-LCA往復)

・TGのNRT-BKK-SIN往復

・2,000 miles購入(100 EUR

というパターンでもゴールド会員を更新できたはずでした。相変わらずお手軽なA3*G。

 

FFPは1社に絞るのが本来の付き合い方。そうすることで特典も多くなり、プログラムも有効利用できますが、知識拡大とリスク分散のためには、複数のプログラムで活動する方が好都合。その辺の事情は、利用路線、関心、旅のパターンで変わるでしょう。例えばブログのネタ集めには、複数のFFPでマイルを貯めるスタイルが望ましいはずです。

 

ということで、次も更新するしかないような気がしてきました。

航空券のオークション販売を始めるエールフランス

空席で航空機を飛ばすぐらいなら、どんなに安くてもその席を売った方が良いというのは航空会社の「常識」。とにかく固定費が大きいのでした。空席を減らしに各社、知恵を絞っているわけですが、Air Franceは直前まで売れ残る座席を売るため、オークションを導入するようです。ソースはこちら。

La compagnie aérienne Air France va tester comme Air Corsica la vente de billets aux enchère - Challenges.fr

 

コード名は" Rise and Fly"。会社は正式には認めていないものの、洩れ聞こえてくるところに寄れば、特に中距離便、特に収益を上げるのが困難な路線に導入される模様。出発の7日前まで売れ残っている席を対象とし、出発の数時間前まで売るシステムになるとのこと。

 Air Franceは、すでに航空券オークションの手に出たことがあります。2000年のことです。この時は、利用者を彼らのウェブサイトに誘導することが目的でした。

 

記事では「すでにAir Farnce経営サイドにメカニズムが提示されたこのシステムは、アメリカの会社によって準備が整えられているとのことで、12月にも運用が開始できるよう」と少し怪しげですが、利用者には面白い話です。安くビジネスクラスに乗れるかも、と淡い期待を抱かせます。

 

f:id:PECHEDENFER:20170918141235j:plain

Air Franceの動向を記事にすると、いつも写真が殺風景になるので、たまにはParis市内の風景を。AFとは全然関係ありませんが、こんな場所が本拠地と言うことで。

SPG プラチナ更新

今年もグループホテルに23滞在し、Starwood Preferred Guestのプラチナ会員資格が、2019年2月末まで更新されました。

f:id:PECHEDENFER:20170917153828j:plain

暦年中の25滞在または50泊がこの会員レベルの更新条件ですが、2滞在分はクレジットカード(SPG アメリカンエキスプレスカード)の付帯特典で。

 

このクレジットカードでは、多くの加入者にとって一番重要な特典は、SPGのゴールド会員資格の付帯でしょう。毎年プラチナ会員を更新する場合、無意味な特典です。ただ100円当たりのクレジットの利用で1 Starpointが得られ、これは最大1.25 mileになります。(20,000 pts一括変換が条件。)レギュラー版アメックスの利用では、100円の利用が0.8 mileにしかならないのですから、陸マイラーをやるにしても差は明らか。

 会費は3万1千円とお高いのですが、一泊の無料宿泊特典も付帯しており、その一泊で「元が取れる」場合もあります。まずは納得価格。この辺は旅のスタイルによって、事情が変わってくる点です。

 言うまでもなく、ホテル代が高い都市に行かなければ、元は取れません。

 

今、Starwood Preferred Guestでは宿泊ポイントボーナスのキャンペーンを行っています。11月30日までの登録が必要ですが、9月12日から来年1月15日までの間、

St. Regis, The Luxury Collection, W, Le Méridien, Westin, Sheraton, Tribute Portfolio, Design Hotels

の宿泊では1滞在あたり1,000 Starpointsが、

Aloft, Element, Four Points

の宿泊では、1滞在あたり500 Starpointsが得られます。さらにこの期間に25泊以上行うと、10,000 Starpointsが加えて得られます。

 

会員資格の基準になる宿泊は暦年で数えられるため、年末が近づくにつれて資格延長を果たす会員が増えます。基準に達した会員が別のホテルチェーンを利用しては、Starwoodとしては困るわけです。そういう不信心な会員へは、資本主義の一撃。米系らしいやり方です。

 登録すれば1滞在あたり1,250 miles稼ぎ出せるのです。BAの中距離エコノミーで飲み食いするのにちょうど良いぐらい。SPGのやり方に感心しようが、眉をひそめようが、もらえるものは貰っておきましょう。

QantasでもB747は引退

Business Travellerから拾った話題です。

 最初から最後まで何かと話題を提供してきた「ジャンボ」ですが、Qantasもご他聞にもれず保有する全てのB747を引退させます。9月の時点で5機のB747-400が残っていますが、8機のB787-9のデリバリーに合わせて退役となります。

 

このスキームのトップはVH-OJMという1991年にデリバリーされた機材。すでに今年8月に廃番になっています。この機体は400万人以上運んだということです。

 

B747-400にはファーストクラスがありましたが、B787-9はそうではありません。世界中の航空会社がファーストクラスを削減、廃止するご時勢。QantasのFleetでもファーストクラスを備えるのは、もはや12機のA380だけとなります。

 

以上の記事で少し驚いたポイントです。機材の生涯で400万人運んだとすると、乗客一人一搭乗から1万円を減価償却に当てても、400億円にしかなりません。1991年から25年に渡り運航しているので、減価償却されるべき時期でしょう。このB747-400が幾らで購入されたのか知りませんが、航空機の値段はかなりのものです。減価償却はなかなか大変なようです。

 さてANAが買ったA380-800の場合、2015年のカタログ価格で、4億2500万USD(=471億円)。

http://www.20minutes.fr/economie/1596539-20150427-a380-dix-ans-plus-gros-avion-ligne-monde-cinq-chiffres

B747-400に比べて少し多く旅客が運べますが、席が埋まらなければ、同じ事。例えば25年で償却できるのでしょうか。

逆にメーカーが機材寿命とその間に運ぶ旅客、貨物の総量予想から、できるだけ高い価格を提示するのだと思います。航空機の価格はメーカーと航空会社間の交渉が全てで、定価なんて概念はないと思ったほうが良さそうです。航空機の価格なんて高い方がメディア受けも良いので、一般人は気をつけた方が良いかもしれません。B747がベストセラーになった理由は、航空会社に大きな利益をもたらしたためで、そこには減価償却の容易さが当然伴います。

 

本拠地の地理的な条件から、長距離輸送が多くなるQantasは、B747を使い尽くした会社の1つです。運送重量を増大させるため、5つ目のエンジンを追加装着して運航した「実績」すらあります。

 

qantas b747 5 reacteurs

Un B747 avec 5 réacteurs chez Qantas

TG930のダイバート

flightradar24を見ていたら、奇妙なDivertを見つけました。

 

タイ航空のパリ便は毎日運航、一日一便。Bangkok(BKK)発がTG930で、Paris Charles-de-Gaulle(CDG)発がTG931という便名になっています。最近のことですが、9月13日、BKK発のTG930はCDGに着かず、ダイバートした模様です。HS-TUEという機番のA380-800です。

f:id:PECHEDENFER:20170915014044j:plain

ダイバート先は、LBG。このIATAコードは、Le-Bourget。パリでもっとも古く、市内にもっとも近い空港です。より大きなOrly、更に巨大なCharles-de-Gaulleが開港した現在、基本的にはビジネスジェット用の空港として運用されています。ただし滑走路は3,000 m, 2,665 m, 1,845 mと3本有しており、大型ジェット機も離着陸ができそうです。ちなみにA380の離陸に必要な距離は2,750 mだそうですから、この空港でも原理的には離着陸できるはずです。(滑走路面の強度が十分あるかどうかは別ですが、1回、2回の着陸では問題にならないでしょう。)

 

本当に着陸できるかどうかは別にして、このHS-TUE、その日の内にCDGからBKKへ向ってTG931として出発しています。LBGとCDGの距離は10 km程度。何とも不思議なお話でした。本当のところ、何が起きたのでしょう。

 

ちなみにTG931は、BKKへ翌日到着したことになっています。その後のBKK発CDG行きは、キャンセルされています。

f:id:PECHEDENFER:20170915015043j:plain

HS-TUE自体は、BKK早朝到着後、成田に元気に向ったことになっています。しかしA380の機材回しがうまくいっていないのでしょうか。13日のTG930のダイバートが関係しているのでしょうか。

 

ちなみにA380は、BKKからCDGへ行き、CDGからBKKに戻った後、成田に向うTG676になることが多いようです。乗り継ぎが同じA380だからといって、同じ座席を指定すると、2便全く同じシートで移動することになります。タイ航空の場合、滅多にありませんが、故障していたり、調子が悪かったりすると、余計に腹が立つかもしれません。

CX691:HKG-SIN ファースト

8:10発と朝早い便。7:30の搭乗開始は、ドイツだったら普通の出発ですが、香港国際空港(HKIA)なので少し大変。

f:id:PECHEDENFER:20170717002824j:plain

人がまばらな出発階コンコース。60番ゲートと聞いて、歩いて行きます。すでに準備が整っているかのように表示されています。

f:id:PECHEDENFER:20170717003208j:plain

写真で初めて気がついたのですが、奥の広告案内には日本語表示があります。

 

The Pierでスマホを充電後、ゲートへ。本日の機材は新しい塗装。と言っても、新塗装が発表されてから随分たちます。

f:id:PECHEDENFER:20170717003424j:plain

新しいイメージを打ち出すと共に、デザインを変え(、燃料の買い付けに失敗し)、仕上げにMarco Polo Clubを大幅改悪(、さらに大幅リストラ)したキャセイパシフィック。陽気なサービスが変わっていないのがせめてもの救い。

 

今日はファーストクラスの設定があるので、この看板が意味を持ちます。

f:id:PECHEDENFER:20170717003906j:plain

予告から15分後が搭乗開始。地上係員は20枚ぐらいの搭乗券を印刷して、カウンターに並べていました。エコノミー満席、インボラアップグレード大量発生でしょう。

 

とにかくご搭乗。

f:id:PECHEDENFER:20170717004313j:plain

広々としているファーストクラスのシート。シートの機能云々より、居住性が非常に良いのでした。開放感とプライバシー保護のバランスが良いのでしょう。収納の種類は多くありませんが、十分です。個人ロッカーは大変広く、印象的でした。

 

窓は3つ。

f:id:PECHEDENFER:20170717004631j:plain

 

続々と搭乗してきます。ファーストは満床、ではなく満席でした。

f:id:PECHEDENFER:20170717004606j:plain

多分ビジネスもいっぱいでしょう。

 

ウェルカムドリンクはオレンジジュース。

f:id:PECHEDENFER:20170717004805j:plain

 

シート脇、壁側には花が一輪。

f:id:PECHEDENFER:20170717004857j:plain

 

窓とシートの位置関係が良くできていて、外が良く見えます。そして退屈しません。キャセイの逆ヘリンボーンビジネスクラスでは、そうでもないので意外でした。

 

スコール。

f:id:PECHEDENFER:20170717005042j:plain

 

安全のビデオは特に変ることがありません。

f:id:PECHEDENFER:20170717005208j:plain

 

恐ろしくおしゃべりな美人ISMが挨拶に来て、1,596 milesの空の旅に出発。離陸は9時前でした。

f:id:PECHEDENFER:20170717005340j:plain

 

ファーストクラスを担当したこのISMは、あまり勤務することがない路線だと言っていました。わざわざ手配されたのでしょう。ファーストクラスにこのISMが合いそうな客がいたということです。それはPechedenferだったかもしれません。何回も絡まれました。

 考え過ぎではありません。この会社は個々の顧客のデータを蓄積しており、個別サービスを本気で実践しています。中華風のサービスと言ってしまえば、それまでですが、どういうデータを持っているのか知りたい気もします。

 仕事の上で新たに人に会う時、その人の履歴や関心を調べるのは、努力としては初級レベル。しかしこれが実践できる人は、なかなかいないでしょう。調べたことを消化、常識として接すれば、相手には厚かましくならず好印象を持たせることができます。Cathay Pacificは、多くの顧客に対してこれを行っています。注意深く観察すれば見えてきます。本来知られてはならないことですので、それは微妙なレベル。しかし確実に行っています。Skytraxの評価がどうであろうと、この会社のサービスは非常に高いレベルにあると思います。

 

20分もすると食事のサービス。朝食ですから、「あんなこと」や「そんなこと」を期待してはいけません。トマトジュースでスタート。

f:id:PECHEDENFER:20170717005550j:plain

 

第一ステージは、パン、フルーツ、ヨーグルト、シリアルなど。必要ないものは頼むことはありません。

f:id:PECHEDENFER:20170717005659j:plain

バター、イチゴジャム、オレンジママレード、蜂蜜が添えられていたのですが、パンは、croissant、オレンジママレードのデニッシュ、カップケーキ。どうやって添え物を使うのか不思議。こういう奇妙なところもキャセイ

 

ちなみに皿は全てノリタケ

f:id:PECHEDENFER:20170717005924j:plain

ビジネスクラスの鳴海より高級感があります。

 

メインは牛肉粥にしました。牛肉が異常に多く入っていて、食べがいがある一品。左側の菓子も秀逸。ただ油が多いタイプ。

f:id:PECHEDENFER:20170717005957j:plain

これで終わり。50分の朝食でした。YquemやらAmourなんて出てきません。健康的なものです。

 

2時間ほど時間があります。その後、機体はひたすら南下します。シートをフルフラットにして、寝込んでいる客が多いようでした。皆さん朝が早かったはずですから、二度寝しているわけです。一方、Pechedenferには重要な任務がありました。

f:id:PECHEDENFER:20170717010217j:plain

報酬はいつものボールペン。

 

80分ほどで、 "Cabin crew, 30 minutes for landing."のアナウンスが入ります。機体はマレー半島の東。

f:id:PECHEDENFER:20170717010804j:plain

 

どんどん降下し、土地が見えてきます。

f:id:PECHEDENFER:20170717010949j:plain

 

HKIA到着ではお馴染みの乗継ぎ便出発ゲートの表が出現。しかし到着はChangiです。この表に乗継便リストが表示されることがあるのでしょうか。

f:id:PECHEDENFER:20170717011030j:plain

同じプログラムを共有して、受託手荷物の受取り場所と到着ゲートを表示するだけに使っているのでしょう。

 

南の島。マレーシアはまだまだ開発されていないのでした。

f:id:PECHEDENFER:20170717011246j:plain

 

美しい海と島の風景ですが、Changiはもう目と鼻の先。

f:id:PECHEDENFER:20170717011354j:plain

着陸は非常にスムーズでした。

 

清掃も行き届いており、設備も充実。世界ランキングでは不動の地位にあるChangi。こういう場合、代わり映えしないことは良いこと。

f:id:PECHEDENFER:20170717011512j:plain