バス代わりの飛行機

Le rayon d'action illimité. D'une véritable ruche bourdonnante.

13: events

ビスタラ、JAL、ANA

ベルリンの音楽無料配信 ドイツオペラベルリンからのメールは、彼らのオペラ上演のビデオを無料配信するというニュース。Alexander von Zemlinsky の代表作「こびと」です。日本ではあまり上演に接することが無い全一幕、80分ほどのオペラ。 日本時間で1月21…

スカイチームに関する2題

新年早々、静かな騒ぎを起こしているスカイチーム加盟会社です。スキャンダルではありません。2題とも未来に向けた確実な足場固めと言えます。 エールフランスと KLM はグリーン燃料割増費用を徴収 フランスを出発するフライトは、1%以上の SAF (Sustainab…

アフリカとヨーロッパ

欧州の感染爆発 欧州では感染拡大が衰えを見せません。1月5日、フランスは 335,000人の感染者を見ました。つまり昨日感染が明らかになったのは、住民200人に1人です。 DIRECT. Coronavirus en France : 335 000 nouveaux cas, l'hôpital prend la vague 年末…

年中行事でなんとなく〜

忘れないうちに。 今年のニューイヤーコンサートは、Daniel Barenboim が指揮します。 https://www.wienerphilharmoniker.at/de/neujahrskonzert クラシック音楽界随一のラテン男、Riccardo Muti の 2021 年も良かったけれど、ウィーンのワルツは油が抜けた…

エーゲ航空は 2022年 3月から10月の航空券の値引きセール

もう来年の夏休みの航空券のセールが始まっています。 エーゲ航空のエコノミークラスの航空券は -20 ~ -30% OFFで販売中。サーチャージにも適用される気前が良いフラッシュマーケティングです。日本人にとっては、来年のゴールデンウィーク、夏休み、シル…

ITA の Volare と Alitalia の Millemiglia

イタリアの新しいフラッグキャリア ITA について、断続的に記事にしています。前回書いてから半月の間に起きたことをまとめて紹介。 ITA はスカイチームに加盟する いろんな報道機関から一斉に出ましたね。想像するよりビッグニュースな模様。 www.lefigaro.…

BA エグゼクティブクラブ:アカウントへのアクセスは一時中断に

「計画していたエグゼクティブクラブの改良を近々実施することをお知らせしたい」で始まるメール。そのことで、「アカウントへのアクセスと、Avos の利用が一時的に制限される」とのこと。 GMT で 11月13日午後から11月17日朝までとありますから、日本時間で…

11月 1日には

日本では COVID 流行の「第 5 」波が過ぎ去った後、科学的な説明が困難なほど感染発生が減っています。もう終わりなのか小康状態なのか分かりませんが、思い切って経済活動を戻して欲しいものです。精神衛生面からもそろそろ限界。 さて10日後に迫る 11月 1…

始動した ITA

機体の塗装が話題になっている ITA。 https://m.facebook.com/itairways/?fref=tag 生まれてくる赤ん坊の顔を早く見たいというセンスに近いのでしょう。こういう画像は話題になり、アクセスを集めることができるので、一般的に言うと情報の確度はやや劣りま…

追悼アリタリア

10月14日でアリタリアは無くなりました。形見の品が出てきたので、写真をアップロードします。ありし日を偲んで...。 10月15日正午追記(運航停止時刻は、日本では本日朝でした。) さて75年の歴史を閉じる最後のフライトは AZ1586。22時過ぎにサルディー…

ドイツでは今

予約の爆発 この夏の移動は凄いことになりそうな欧州。域内でかなり自由化される結果が、以下の形で現れました。 Explosion de la demande : Lufthansa mettra cet été des "Jumbos" (B747) et des A350 sur les Baléares ルフトハンザのパルマ便(マジョル…

Und weder Blitz noch Donner hielt sie auf

表題は「そして稲妻も雷鳴も彼らを押し止めることはなかった」の意。後世の人が2021年のオリンピック関係者を振り返り、こう表現するかもしれません。 どこでこんなフレーズを見つけたかというと、このビデオ。 www.youtube.com 西ドイツのグループ Dschingh…

コロナ後の世界:地味ながら見逃せない変化

現在9都道府県に緊急事態が宣言され、オリンピック開催への風当たりも強くなっています。が、このブログではオリンピックはどうでもよく、ワクチン接種が遅々として進まないことや緊急事態宣言の対象が9都道府県にも及ぶことの方が問題。あと Oktoberfest …

フランスでは国内線廃止の圧力

まだ GW が白紙。無気力はいけないと強制的に考えを巡らせると、5月1日はコルトンプラザのファースト抽選会。高圓寺の藤の花も時期。レッサーパンダに会いに行くのもありです。土日の昼しかやっていない国府台の蕎麦屋も思い浮かびます。 こうしてみると、東…

ブリティッシュエアウェイズ・エグゼクティブクラブの会員資格延長にも漏れました(悲報)

その日は時間があったので寄り道。ターゲットは永代通りに面した長崎県の路面店、日本橋長崎館です。初めて店内に入りました。まず長崎関連の書物の販売に目を見張りました。書籍は良いものの、それ以外の物品販売は乾物、菓子類、瓶詰など保存がきくモノだ…

SITAデータ流出

少し前の M氏のツイートにあった Alain Hudelot-Noëllat の単純ブルゴーニュ。 ユドロ・ノエラのブルゴーニュ ルージュ2017苺、ジャム、シロップ。はち切れんばかりの妖艶な赤系果実。シャンボール・ミュジニーっぽいと思ったら、その区画の葡萄のみで仕上げ…

エアナミビアとケニア航空

三越恵比寿店が2月で閉店するというので見てきました。良い海塩を発見したので購入。平戸で作られる釜焚き塩です。ちょうど Guérande の塩を切らしていたところでした。このフランス産の塩は日本にも輸入されていますが、別の塩も試してみたいところ。とこ…

Virgin Atlantic :宙に浮いた野望

その野望(2019年9月時点) イギリス第二のフルサービスキャリア Virgin Atlantic は、ロンドン・ヒースローの第三滑走路の建設を当て込んで、将来計画をぶち上げています。2019年9月の話でした。 News: Virgin Atlantic - grand plans for new routes, seco…

クリスマス遊覧フライト

何を思ったのか、JAL は聖夜フライトを実施します。「空たび 星空フライト」の第3弾。第1弾は9月26日、第2弾は2か月後の11月28日に実行され、1月経たず第3弾となると明らかにクリスマス商戦。ANA が開拓したカテゴリーの旅行商品も、平然と販売出来るよう…

2020年10大出来事(その2)

まだ12月は始まったばかり。2020年はほぼ30日間残っていますが、ロクでもない年と語り継がれることはほぼ確実。体験と見聞をごっちゃにした10大出来事、続けます。 6)空いている観光地 「静けさが戻った京都」とは、訴求力のあるフレーズです。 ここでは堰…

2020年10大出来事(その1)

最初に個人的なことを述べると、2020年の年明けは frequent flyer らしく空港で迎えました。そもそもの原因はエールフランスの欠航。空港到着が遅くなったところ、12月31日の空港バスは夕方以降運休、多くのタクシー運転手は勝手に休業という状況。大勢と共…

Vistara のヒースロー便

インドに Vistara いう航空会社があります。インド好きな JAL の客なら、この会社のおかげで日本の翼がインド各地に接続できることをご存じのはず。この会社はタタグループで、Tata Sons が半分を超えるシェアを持っています。シンガポール航空との JV とし…

飛ばないし、動きも鈍い航空業界

事業が感染拡大に影響しない会社では、多くの社員がテレワークに突入しています。個人のキャリアとして考えた場合、これらの社員は重要な技術*に習熟できます。うれしくない状況の中、滅多にない貴重な経験を積むことになったはずです。 *:服装やカメラの設…

航空会社の破綻と破綻回避 (2)

数多くの主要国境が閉鎖された現在、世界中で航空会社が困難に陥っていますが、社会として救済することが既定路線になっている会社とそうでない会社があります。コロナウイルスの前に崩れ去るのは、経済の自由化だとかグローバル化だとかいうポストベルリン…

航空会社の破綻と破綻回避 (1)

日本の近況 JALが FLY ON ステイタス会員のステイタスを一年延長しました。国際線はほとんど運航停止、国内線も6割欠航が基本のようです。加えて小さめの機材を使う傾向があり、旅客数ベースでも昨年の 90%減を下回りそうです。結局 FOP 2倍では、踊らさ…

ヨーロッパの風

新型疫病の蔓延で良いことも起きました。仕事の都合で予定した日程では行けなくなった旅行がありましたが、これが武漢肺炎の流行のため、変更無料とキャンセル無料になりました。 一方でコロナウイルス感染対策のため緊急会議が入り、中止せざる得なくなった…

パンデミックで気が付いたこと

航空会社やホテルの特別対応:変更とキャンセル テドロスパンデミックのせいで、Pechedenferも旅行の変更を余儀なくされています。ありがたいのは、航空会社やホテルが柔軟に対応してくれていることです。これは非常事態の下にあり、営業自体がイレギュラー…

混乱の数々(つづき)

観光局と入国制限 東京圏にお住まいで鉄道を利用する方ならご存じだと思いますが、山手線の一部の編成では、広告の借り切りが実施されています。車内をぐるりと見渡しても、ある製品やプロモーションの広告で埋め尽くられています。 3月15日日曜日の山手線で…

混乱の数々

パニックになっているのは、メディアかもしれません。 3月16日、G7首脳が緊急首脳会議をテレビ会議の形で行い、共同声明を出しました。 共同声明では「ウイルスのパンデミック(世界的な大流行)が、人道的な悲劇かつ世界的な衛生上の危機であり、世界経済に…

汎世界的な移動の減少(その2)

日本の国内線 移動に伴うリスクを個人レベルで考えると、次の2つに分類されます。 (1) 行政により活動の制限を受ける。(入国拒否や帰国後の自主謹慎を含む) (2) その地で自分が感染し、健康を害する。 日本は感染確率が低い、世界水準では安全な場所の一つ…