バス代わりの飛行機

Le rayon d'action illimité. D'une véritable ruche bourdonnante.

02: BA

エグゼクティブクラブは会員資格の再々延長:延長の変遷、近未来への対応

パンデミックが原因で会員資格が延長されるなんてイレギュラーは、2年間で勘弁して欲しいところ。本来はこの空白期間を経て元の日常に戻るだけですが、ブリティッシュエアウェイズの場合は決してそうはなりません。 ・本拠地である LHR Terminal 5 の運用が…

エグゼクティブクラブは会員資格の再々延長:吉報メール

エグゼクティブクラブからメールでお知らせ 直前の記事を公開した後、数時間して(13:00 GST頃)エグゼクティブクラブからお知らせが届きました。会員種別ごとに内容が違うようです。 一つのメールを作文し、会員に応じて文章を適宜削除して送り、表題が無茶…

エグゼクティブクラブは会員資格の再々延長

やはり追加措置があったBAブリティッシュ・エアウエイズは、3度目の会員資格延長に踏み切ることになりました。 British Airways Executive Club members get status extension to 2023 - Executive Traveller 今年 3月に 2度目の延長措置を発表し、「これで …

BAW と ITY に関する話題

日本の人口の4割にワクチン接種が完了しましたが、自治体による差は許せないほど大きくありませんか。墨田区は凄いの一言。非常時の対応能力がそもそも違うようです。 すんなり予約して、平均より早く接種が終わったら、自分の自治体を頼もしく感じます。逆…

エグゼクティブクラブ改悪

次々と感染が見つかる五輪関係者。報道を元にすると、毎日10 ~ 20 程度の認知件数になるようです。来日の全体が15,000~16,000人なので、毎日 800 ~ 1,500 人に 1人ほど感染が起きているようです。 東京都の1日の感染認知件数は今 1,400人ぐらい。人口をもと…

Ihr Mannsbilder hobbdoch alle an Schlooch.

表題は Ihr Männer spinnt alle. の意。IOCに「帰れ」「出て行け」とデモをするなら、生粋のフランケン人らしい会長 Thomas Bach に敬意を払い、Fränkisch の看板や横断幕を掲げては如何でしょうか。この言語の発音を知る日本人は少ないと思うので、シュプレ…

BAが行うAvios 販売の50%ボーナスキャンペーン

良く知られていますが、ブリティッシュエアウェイズのマイレージプログラム、エグゼクティブクラブでは特典の価値を、マイルではなく avios という単位で表します。1マイルを1 avios として考えても、特に差しさわりがないことも皆さんご存じの通り。そして…

観光で渡航ができるうらやましい国

飛び回るのはおろか出歩くのも億劫な春の憂鬱。せめて made in Hokkaido で引きこもり消費、旅気分。 限界もすぐに見えます。「俺は彗星がいい」とか、「今宵は吟風の気分」などと言い出すと、上川大雪でも入手が途端に面倒になります。コメの品種にまで「こ…

コロナ後の世界:地味ながら見逃せない変化

現在9都道府県に緊急事態が宣言され、オリンピック開催への風当たりも強くなっています。が、このブログではオリンピックはどうでもよく、ワクチン接種が遅々として進まないことや緊急事態宣言の対象が9都道府県にも及ぶことの方が問題。あと Oktoberfest …

会員カードを廃止したわけではなかった BA

ブリティッシュ・エアウェイズから封書が届いていました。この届き物には、心当たりがありません。 手にするとカードのような硬いものが入っています。 中身が分からないのに儀式はあり得ないので、さっさと開封します。ジップ式のビニール袋に収納してある…

初の JAL 国内線 Avios 発券

久しぶりにまとまった時間が取れたので、気分転換に「ちょっとそこまで。」 ANAに乗るぞと宣言したのですが、早々に赤組の巣窟へ。羽田第一ターミナルの優先搭乗は、相変わらず長い列です。神々しいダイヤ様の列は、パンデミックぐらいではびくともしません…

ブリティッシュエアウェイズ・エグゼクティブクラブの会員資格延長にも漏れました(悲報)

その日は時間があったので寄り道。ターゲットは永代通りに面した長崎県の路面店、日本橋長崎館です。初めて店内に入りました。まず長崎関連の書物の販売に目を見張りました。書籍は良いものの、それ以外の物品販売は乾物、菓子類、瓶詰など保存がきくモノだ…

BA エグゼクティブクラブ eVouchars の有効期限の再々延長

ダンテ(Dante Alighieri)の神曲(Divina Commedia)地獄編(Inferno)を名前にしたペンは細工が細やか。Montegrappa らしい作品。 この銀製のペンはそれ単独なら物欲を起こしますが、同モデルの金製に比べると圧倒的に見劣りします。 材質が金か銀かでここ…

Speedbird のキャリーオン(Globe-Trotterとのコラボ)

Globe-Trotter といえばイングランドの旅行鞄。創立は1897年だそうですから、ルイ・ヴィトンのモノグラムが発売された頃です。カジュアルですが、よくよく見るとつくりがしっかりしていてそれなりに高価な行李の数々。日本人にはあまり売れていないようです…

COVIDで変わった機内誌

機内誌なんて読む人はあまりいないためか、このブログを除いて滅多なことでは話題になりません。しかし会社による差が大きく、比較が面白いのです。雑誌ですから記事の内容が充実しているとか、写真がそれなりに凝っているとか、そんな部分で判断できますが…

新年の恒例行事

まだまだ続く新年です。 My PARIS AÉROPORTからの年賀状とお年玉 1月 8日に届いた遅い年賀。こんな電子メールは一斉配信のはず。担当者が年内に仕込むのを忘れていたのでしょう。間抜けな年の初めになったパリ空港(CDG, ORY合同)の会員プログラム。 正月気…

BAライフタイム・ゴールドメンバーシップへの道

ブログのサブタイトルを戻しました。BA 会員レベルの公示期間は終了、John Smith に戻ります。少々大きな変化が起きたのでお伝えしないといけないと思い、期間限定で表示しましたが、こんなものは恥さらし以外の何物でもありません。珍しければ珍しいほど、…

Executive Club Gold membership for life:エグゼクティブクラブの生涯ゴールド会員

35,000 TP 超過:何が起こる? ブリティッシュエアウエイズ(BA)のマイレージプログラム、エグゼクティブクラブは各会員の Lifetime Tier Points を記録しています。これが 35,000 に到達すると、会員に Gold membership for life、つまり生涯ゴールド会員…

minimum Avios/ TP?

10月25日、JALグループの日本エアコミューター(JAC)と北海道エアシステム(HAC)がワンワールド(ow)の affiliate メンバーになります。 http://www.jac.co.jp/pressrelease/pdf/7ae99eb9f0b0e35cddff22f9c9dc2979137df984.pdf 日本エアコミューターと北…

BA エグゼクティブクラブが eVouchers の有効期間を再延長

BA エグゼクティブクラブの eVouchers 2人用ゴールドアップグレード(TP 2,500 で1枚発行) 1人用ゴールドアップグレード(TP 3,500 で2枚発行) は、発行日から1年間有効ですが、新型肺炎の outbreak のため、半年間の期間延長がなされました。今年4…

BA エグゼクティブクラブ特典航空券キャンペーン

話題性抜群なので、すでにご存じの方が多いと思います。ブリティッシュエアウェイズの特典航空券の交換に必要な Avios の減額キャンペーン。最大 -50 %! メール本文はいたって簡単で、2021年6月30日までの旅行を2020年10月13日までに予約することが条件にな…

再延長、口は禍の元

端からごく個人的なことを。喜んで良いのか悪いのか、アメックス・スカイトラベラーの請求は毎月 0 円が続きます。状況はお察し頂けると思いますが、第一に航空券を買っていない、第二に欠航の払い戻しがそこそこの額になっているのです。いやはや、いろいろ…

BA の活字中毒者向けサービスの展開

COVID-19 の状況がまた危険なレベルになったのか、スペイン政府は昨日マドリッドの都市閉鎖(とでも言うのですか?都市を包囲するように管理し、出入り禁止にすることです。)を決定しました。 Coronavirus: Madrid bouclée malgré l’opposition des autorit…

行くには行けそうなイギリス

今イギリスって、大した手続きなく入国できるのですね。イギリス政府のサイトによると、14日の自己隔離が必要な国から日本国は除外されています。 Coronavirus (COVID-19): travel corridors - GOV.UK 第3国を経由しない限り、日本に籠っていた人の入国は問…

ブリティッシュエアウェイズ・エグゼクティブクラブ会員数

グッモーニン。 朝10時に開店する蕎麦屋に一番で入店。ここまでは本題と関係なし。 British Airways の会員プログラム、Executive Club は1985年に発足しました。今年で満35歳。本日はその会員数についての記事です。 エグゼクティブクラブ会員の増大 Execut…

コンコルドルームカード送付の謎

仏英同舟で フランスの金融機関からの郵便2通に交じって、The Concorde Room のロゴ入り封筒が到着。予期せぬ封書です。たぶん有効期間が延長された新カードか挨拶を兼ねたお知らせでしょう。 サイズ、デザイン、紙質のすべてにわたりおなじみの封筒です。…

ヒースロー Terminal 5 でのサービス向上

ロンドン・ヒースロー空港(LHR)のターミナル 5(T5) は、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の専用ターミナルとして開業。途中経営統合した IB が入ってきたものの、基本的には COVID-19 の汎世界的流行(Tedros Pandemic)の前まで BA のターミナルでし…

ヒースロー空港:JALもターミナル5に移動

この記事を出してから数日して、だいぶ情報がまとまったので、改めて一つの記事にまとめました。 ヒースロー Terminal 5 でのサービス向上 - バス代わりの飛行機 この方が包括的です。 世界の極、ロンドン・ヒースロー空港では、ブリティッシュ・エアウェイ…

アメリカでは中国共産党員入国禁止を検討、イギリスではB747に引導

日本では意外な農作物を栽培しています。ふらりと入った JA の直売所で mûres (Brombeeren, ブラックベリー?) を売っていたのには驚きました。もちろん冷凍品ではないので、朝摘んだものだと思われます。 この種の果実は、自重で潰れていくので鮮度が重要。…

ロンドンの状況

社会が活動を再開した途端、感染の勢いが増しましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。新しい情報に多くの方が敏感になっていることと存じます。さてYahoo!のニュース一覧に見つけた奇妙なヘッドライン。 「闇修行?飛行機マイルの誘惑」ではありませ…