バス代わりの飛行機

Le rayon d'action illimité. D'une véritable ruche bourdonnante.

フライングブルーの年末調整

フランスは 1月16日土曜日から少なくとも2週間、18:00以降外出禁止になります。本国全土が対象です。Jean Castex 首相が昨日発表しました。 Conférence du gouvernement en direct : Jean Castex annonce un couvre-feu à 18 heures partout en France métr…

Virgin Atlantic :宙に浮いた野望

その野望(2019年9月時点) イギリス第二のフルサービスキャリア Virgin Atlantic は、ロンドン・ヒースローの第三滑走路の建設を当て込んで、将来計画をぶち上げています。2019年9月の話でした。 News: Virgin Atlantic - grand plans for new routes, seco…

言語あれこれ

いろいろな国を飛び回っていると、言葉の違いに関心が高くなるので当たり前かもしれませんが、界隈は言語の学習に熱心です。 旅に現地語? ある土地を訪問する時、その言葉を使いますかという問いかけです。 実用とする人、つまり現地の言葉で一次情報を得、…

新年の恒例行事

まだまだ続く新年です。 My PARIS AÉROPORTからの年賀状とお年玉 1月 8日に届いた遅い年賀。こんな電子メールは一斉配信のはず。担当者が年内に仕込むのを忘れていたのでしょう。間抜けな年の初めになったパリ空港(CDG, ORY合同)の会員プログラム。 正月気…

アコー会員は有利な展開に?

久しぶりにログイン 昨年、だらだらと会員プログラムの措置を発表し続けていたアコーホテル。いちいち地味だったので、昨年の秋口には追跡するのにも飽きてきました。それ以来、情報を更新していません。「新年の驚きに取っておくか」みたいな気分になってい…

あけましておめでとうございます

かつてない年の出発ですが、こちらは例年通りの船出、フライング・ブルーのアカウント。ブログ記事や噂、前情報とは異なり、きれいにゼロになりました。バランスシートの表記は明らかにおかしいのですが、言っていることはわかります。 エールフランスは外的…

2021年、ネタの見通し

空の旅が壊滅寸前に達した2020年でしたが、まだ状況の終息は見えて来ません。個人としては 3月に SIN から帰国して以来、国際線に搭乗しておらず、8か月以上ご無沙汰。 生活激変に伴って精神状態は多少なりとも不安定に。こういう危機は、賢者の言葉を弄び克…

流行語2020

本日28日から、日本は徳川時代並みの出入国管理になったようです。鎖国体制だなんて、興奮している方もいらっしゃると思います。疫病流行の全体像はつかみにくいのですが、感染者がいなかった場所で大量発生したり、以前の波では死者が少なかった国も今の波…

ライフタイム・エリートメンバーシップへの道:リスクの把握と回避

改悪への備え プログラムの改悪は日常茶飯事ですが、ライフタイム・プログラムやミリオンマイラー・プログラムでは、客の立場が著しく弱いことは明らか。10年で七合目まで来た時、ゴールが2割遠ざかっても他社に乗り換える訳にはいきません。会社側にしてみ…

ライフタイム・エリートメンバーシップへの道:インデックス、傾向と対策

ライフタイム・メンバーシップへの道は、10社以上取り上げたので、インデックスをつくりました。パンデミック・イヤー 2020年に全くふさわしくない特集でした。自分が一つ獲得した重要な節目になったので、ブロガーとしてはネタにせざる得なかったのです。疫…

Komische Oper からの季節の挨拶=宣伝

ベルリンの三つのオペラハウスはそれぞれに独自の魅力があり、競合関係にある中、チケット販売システムは同じものを使うというような協調関係にもあります。ただ顧客への対応は大きく違います。Komische Oper と Deutsche Oper は、メールをよく送ってきます…

その他のライフタイム・メンバーシップ

一プログラム、一記事でライフタイム・メンバーシップを紹介してきましたが、他にも同種の制度を持つ会員プログラムはあります。独立した記事を書くほどの能力はありませんが、目についたものを紹介します。 [1] アラスカ航空の Mileage Plan にもミリオンマ…

SKライフタイム・ゴールドメンバーシップへの道

ユーロボーナスのライフタイム・メンバーシップ。10年ほど昔は内部基準が存在する招待制だったようです。年寄りしか招待されなかったという話。いつしか制度が公開されましたが、年齢の要件は入っていません。 日本でも人気がある航空会社なので、興味があり…

LHライフタイム・セネターメンバーシップへの道

Miles & More(M&M)は1993年、ルフトハンザ航空のマイレージプログラムとして生まれました。飛行マイルによって無料航空券などの特典が得られること、ある年の飛行マイルによって利用頻度が測られ、次年のメンバーシップが決まることなど伝統的な仕組みを…

KE ライフタイム・スカイチームエリートプラスメンバーシップへの道

大韓航空の会員プログラム SKYPASS のメンバーシップは、次の三つの点で特殊です。 ・搭乗実績の積算期間はありません。(普通 1年または 2年毎) ・下から2つ目の会員ティアは、ライフタイム・メンバーシップです。 ・SkyTeam Elite Plus に該当する会員テ…

AYライフタイム・ゴールドメンバーシップへの道

北欧の国々の中でも、文化の特異性が際立つフィンランド。そのフィンランド文化をこれでもかと強調する航空会社、フィンエア。「○○○航空なら、機内に入ったとたん✖✖✖」というのは、日本における古典的な外航の宣伝ですが、この使い古されたコピーが一番ぴっ…

北米三大手ミリオンマイラープログラムの比較

シリーズ「ライフタイム・メンバーシップへの道」の補遺です。ユナイテッド航空、アメリカン航空、デルタ航空の北米三大手は、全てミリオンマイラー・プログラムを持っていますが、その特典内容の大部分はライフタイム・メンバーシップです。 三大手はそれぞ…

DLライフタイム・ゴールドメンバーシップへの道

デルタ航空 DL のプログラム、スカイマイルズのメンバーシップはアメリカン航空 AA と同程度に細分化されています。一方、ミリオンマイラープログラムはユナイテッド航空 UA より少し簡単で、AA より発達している水準。 なお DL では、会員レベルは Medallio…

ANA の"ステータスチャレンジ"追記

昨日、ANAのステータス獲得チャレンジを記事にしたのですが、ターゲットとする顧客がぼんやりとしか見えないので一晩考えてみました。 一枚のクレジットカードで年間 400~600万円の決済を行うANAの顧客は僅かと言う見積はおそらく間違っていないのですが、…

ANA の"ステータスチャレンジ"

連載特集の途中ですが、またまた中断。Breaking News です。 プレミアムメンバーステータス獲得チャレンジというそうです。ANAが副業で行う決済代行サービス(ANAカードのこと)の利用によって、会員ティアの獲得が容易になります。確か数週間前に発表された…

PRライフタイム・プレミアエリートメンバーシップへの道

SNS での発信とか、ブログ記事での体験記や解説をあまり見かけないフィリピン航空(PAL) Mabuhay Miles。しかし日本路線の数や、日本からフィリピンに渡航する人の数を考えると、利用者は多いのではないでしょうか。使っていても公言するのは憚られると言う…

ANA VALUE 1は予約クラス T

ライフタイム・メンバーシップの特集は一時中断して intermezzo。 久しぶりのANAと今回得た情報 海外FFPの会員資格の更新に ANA の国内線が使えるけれど、予約クラスがすぐには分からないという問題。この問題の解決に向けての自分なりの第一歩。運よく移動…

AFライフタイム・プラチナメンバーシップへの道

長くなるので気が進みませんが、エールフランス AF、フライングブルー FB のライフタイム・プラチナメンバーシップを取り上げます。FB の2018年 4月の大改革の結果、おそらく最も容易なライフタイム・メンバーシップになっています。FB のライフタイム・メン…

AAライフタイム・プラチナメンバーシップへの道

北米の競合会社と同様、アメリカン航空 AA でもライフタイム・メンバーシップは、ミリオンマイラープログラムの特典の一部です。 基準 アメリカン航空が販売する便の飛行距離と対象となる提携航空会社の便の加算基本マイルが 200万マイルを超過すること。以…

2021は楽勝のワンワールドエメラルド会員

劇場は閉鎖中だと思いますが、Deutsche Oper Berlin からのメールは相変わらず届きます。 Adventskalender を作ったようです。オペラ、子供向け、クリスマスの3者をどうブレンドするのか気になったので、誘導されるままクリック。するとホームページです。…

QFライフタイム・ゴールドメンバーシップへの道

特集第3弾は、カンタス航空 QF の Frequent Flyer。海外勢ではキャセイパシフィックの Marco Polo Club と並んで、日本在住者にとって一番使いやすいプログラムではないかと、密かに思っています。 路線はオセアニアを除くとアジア路線と北米路線が少数、そ…

BAライフタイム・ゴールドメンバーシップへの道

ブログのサブタイトルを戻しました。BA 会員レベルの公示期間は終了、John Smith に戻ります。少々大きな変化が起きたのでお伝えしないといけないと思い、期間限定で表示しましたが、こんなものは恥さらし以外の何物でもありません。珍しければ珍しいほど、…

UAライフタイム・プレミアゴールドメンバーシップへの道

「何でもネタ化」はブログ継続の基本。BA のライフタイム・メンバーシップに到達したついでに、レガシーキャリア各社のライフタイム・メンバーシップについて特集することにしました。特集第1弾は、ユナイテッド航空UAにします。一番充実しているように見え…

売れ残りから利益を得るイノベーション:Sleeper's Row by Lufthansa

エコノミークラスの並びのシートをまとめて販売、フラットベッドとして使えるという触れ込みで売る仕組みは、おそらく Air New Zealand が最初に導入しました。確か 8年前のことです。Economy SkycouchTM という名です。寝台面が大きくなるようにシートを改…

クリスマス遊覧フライト

何を思ったのか、JAL は聖夜フライトを実施します。「空たび 星空フライト」の第3弾。第1弾は9月26日、第2弾は2か月後の11月28日に実行され、1月経たず第3弾となると明らかにクリスマス商戦。ANA が開拓したカテゴリーの旅行商品も、平然と販売出来るよう…