バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

Fernwehを悪化させるメール広告

夏休みになって、ヨーロッパからの広告メールが減りました。これはバカンスの季節が通常通り訪れたことを示唆するので、良い兆候です。しかしこちらもそこそこ暇。メールの数が少ないことも手伝って、ついつい読んでしまうのですね。これが大変な毒。 あまり…

コンコルドルームカード送付の謎

仏英同舟で フランスの金融機関からの郵便2通に交じって、The Concorde Room のロゴ入り封筒が到着。予期せぬ封書です。たぶん有効期間が延長された新カードか挨拶を兼ねたお知らせでしょう。 サイズ、デザイン、紙質のすべてにわたりおなじみの封筒です。…

新しい伊丹空港北ターミナル

長らく改装工事を行っていた伊丹空港も、8月 5日にグランドオープン。客が出入りする場所は工事が終わったようです。新装開業なら見学する他ないと、行ってきました豊中市蛍池西町 3丁目555番地。 北ターミナルのチェックインホール。大阪(伊丹)―大分という…

専門の壁が厚く高いドイツ

ベルリンの Gleisdreieck 地区には、公園扱いされる広大な空き地 (Park am Gleisdreieck) があります。Potzdamer Platz から来る S-bahn が地下から出現する直前の土地なので、建築が制限されているのかもしれません。Gleisdreieck の駅名が線路の交差に由来…

ヒースロー Terminal 5 でのサービス向上(追記)

COVID-19の日々の感染件数が記録更新したという「賑やかな」ニュースがまだまだ続きますが、皆様におかれましてはますますご健勝のこと、お慶び申し上げます。 さて前の記事を出した後で一杯やっていい気分になっていたら、はるか彼方から「あの写真はターミ…

ヒースロー Terminal 5 でのサービス向上

ロンドン・ヒースロー空港(LHR)のターミナル 5(T5) は、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の専用ターミナルとして開業。途中経営統合した IB が入ってきたものの、基本的には COVID-19 の汎世界的流行(Tedros Pandemic)の前まで BA のターミナルでし…

パリと大阪では復活の狼煙

Flying Blueのプロモアワード 8月 1日の記事で「この月替わりの特典航空券プロモーションは、おそらくその後実施されていません。今月も皆無。」と書いた特典航空券のマイル割引プロモーションですが、記事をアップロードしたとたんに復活しました。 キャン…

2020夏到来

突然の梅雨明け。しっかり降った後の晴れ間と同じ。 いつも生える場所が決まっています。微妙な環境が重要なのでしょう。 この花に季節を感じる人もいるに違いありません。 この蓮池ではウシガエルが鳴いていました。ハスとウシガエル。文化的なしがらみはな…

キャンペーン

なかなか海外には出られませんが、国内には本格的な夏が到来しそうです。気象庁によると関西の梅雨開けは昨日。関東もすぐ開けましょう。例年だと、夏の旅行需要を狙ったキャンペーンは終わりで、秋冬の地味な商戦に移る時期ですが、今年は状況が違いすぎま…

Doch das war leider nur ein schöner Traum

先週末の特殊な4連休は、自粛解除後初の連休。夏の消費を占う上で重要でした。官製プロモ Go To トラベルも加えて、やるだけのことはやった日本政府ですが、結果はどうも今一つ。人出に増加は見られましたが、例年の水準にはほど遠い所ばかりでした。それに…

ヒースロー空港:JALもターミナル5に移動

この記事を出してから数日して、だいぶ情報がまとまったので、改めて一つの記事にまとめました。 ヒースロー Terminal 5 でのサービス向上 - バス代わりの飛行機 この方が包括的です。 世界の極、ロンドン・ヒースロー空港では、ブリティッシュ・エアウェイ…

高揚感皆無の夏

コロナ禍ですっかり縮こまった日本経済。体勢を立て直さないと国が崩壊します。政府は全国津々浦々に指示した自粛を解除、自信満々に経済活動を再開しました。するととたんに感染が再拡大。新規感染件数は感染最盛期と並ぶ水準に戻りました。欧州でも移動制…

愛知ではなく尾張と三河

清浄の地 旅好きの方は、夏休みはそれぞれ工夫して国内旅行をされることでしょう。しかし行くには相当の覚悟が必要な場所があります。 それはご存知、岩手県。 いまだにコロナウイルス感染が起きていない県です。自分が感染第1号の原因になるなんて事態を想…

アメリカでは中国共産党員入国禁止を検討、イギリスではB747に引導

日本では意外な農作物を栽培しています。ふらりと入った JA の直売所で mûres (Brombeeren, ブラックベリー?) を売っていたのには驚きました。もちろん冷凍品ではないので、朝摘んだものだと思われます。 この種の果実は、自重で潰れていくので鮮度が重要。…

ロンドンの状況

社会が活動を再開した途端、感染の勢いが増しましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。新しい情報に多くの方が敏感になっていることと存じます。さてYahoo!のニュース一覧に見つけた奇妙なヘッドライン。 「闇修行?飛行機マイルの誘惑」ではありませ…

国内旅行は観光を外して

遊び上手、人生の達人、引き出しが多い奴などと呼ばれるためには、限られた条件の下で人生を最大限楽しむことができなくてはなりません。むしろ制約を新しい何かに変える剛腕*が必要です。 稼ぐ、貯める、増やすしか能がない人は多いのですが、十万円なら十…

夏には間に合いそうにありません。

昨日 7月 1日は富士山開き。観光では節目となる日ですが、今年はあらゆる面で例外的。山開きはなく、全登山道、施設が閉鎖されています。今年の夏は霊峰富士には登山できません。 富士登山オフィシャルサイト 一方この日 EU は、日本を含む15カ国に対して国…

海外渡航再開には不都合なデータばかり

政府による自粛依頼も解除されました。大手を振るって遊びに出かける人、新たな流行を恐れて縮こまっている人、いろいろな反応があるようです。メディアのように恐怖心を煽るのは本意ではありませんが、事実は事実。不都合なことも紹介しないといけません。 …

エーゲ航空:自社搭乗の獲得マイルに変更

エーゲ航空のマイレージプログラムは、かつてスターアライアンスゴールド会員になるのが最も容易ということで、世界中で話題になっていました。とても持続性がないようなプログラムでした。しかしエーゲ航空はそれで自社会員を十分集め、突然ほどほどの改悪…

笑えるような笑えないような各社からのメッセージ

昨日の日蝕は、皆様ご覧になったでしょうか。昨日は夏至でもありました。例年この日は梅雨の最中ですが、今年は晴天だった場所が多く、暑すぎず、一日が長いと、旅行には最適でした。夏至と日蝕が重なりましたが、この組合せを強調する理由はなさそうです。…

優先搭乗を中止するANA

ANAと言えば「ダイヤモンドサービス」メンバー、通称ダイヤモンド会員。そしてダイヤモンド会員と言えば、連想されるのは優先搭乗。さらに付け加えると、ANAの優先搭乗に不慣れだなんて、世界のビジネスパーソンにはありえないことです。読者諸氏も知らぬな…

国内旅行のキーワードは地酒

4月17日に羽田空港第一ターミナルは北ウイングを閉鎖、それ以来南ウイングだけで営業していたようですが、7月1日、全体の営業を再開するようです。このターミナルの発着便の大部分が JAL なので、JALの意向で決まるのは当然。6月は Pechedenfer の悪い予感*…

BAの予約がある場合

予約の変更に関するポリシーも up-date されました。 2020年3月3日から8月31日に予約がなされ、2021年4月30日までに旅行が終了する場合 手数料なしで変更可能になりました。カレンダーに修正が入ったようです。 ただし航空券に差額が生じる場合は、差額を払…

BAも会員資格を12か月延長

ようやく決心がついたようです。 Something to make you smile と題したメールでお知らせがありました。 "...And so today, we wanted to tell you something that we hope will make you smile. "とイギリスっぽい英語。 Gold Guest List 会員資格も12か月…

今年の夏は国内旅行

疫病の収束が遅れても、6月19日にはステップ2に入り、都道府県をまたぐ移動が認められます。7月10日からはステップ3。都道府県をまたぐ観光もOK。認めるも何も、現在でも強制ではありませんが、国のお墨付きがあると地方の方は安心できるでしょう。 7月1日…

EU内での国境の状況

根拠なしに予想や印象を書くことも許されるのが無料ブログ。アフィリエイト広告を取っていないことは、中立性には関係しても予想の確度には関係ありません。論拠がないことを書くのは好きではないので、普通は問題ないのですが、たまに高揚して 移動制限の出…

再稼働し始めた空港

皆さんは機械翻訳を使っていますか。2言語で同じ内容のことを書く時は便利至極ですね。 いろいろと訳させた感じだと、英・仏・独の間では問題の発生が少ないのですが、英・仏・独 ⇔ 日ではかなりの修正が必要です。言語の類似性は大きな問題です。 英語 ⇔ …

移動制限の出口予想

新型肺炎の発生以来、恐怖心を煽るために事実を歪め、人心を惑わすことが主な業務となっているメディア。疫病や大災害の発生時には、メディアが災禍を拡大することを再認識できた人が多いと思います。平時からそうですが、メディアの意図は事実の伝達にはな…

再開する人類の移動

沖縄県は5月、新規感染者ゼロを記録しました。県による「沖縄に来るな」キャンペーンが功を奏したようです。何でもやってみるものですね。 一方で個人的には、珍しい体験をしました。自動販売機から2000円札が出てきました。東京での出来事です。びっくりで…

フランスの規制解除は第2段階へ

日本ではコロナ禍、ドイツでは Coronakrise と新語が生まれましたが、フランスでも déconfinement (脱隔離、脱孤立化、脱封じ込め)という辞書にない名詞が日常語になっています。それは 5月11日から徐々に進められています。 フランスも規制の段階的解除 -…