バス代わりの飛行機

Le rayon d'action illimité. D'une véritable ruche bourdonnante.

16: lifetime membership

ライフタイム・エリートメンバーシップへの道:リスクの把握と回避

改悪への備え プログラムの改悪は日常茶飯事ですが、ライフタイム・プログラムやミリオンマイラー・プログラムでは、客の立場が著しく弱いことは明らか。10年で七合目まで来た時、ゴールが2割遠ざかっても他社に乗り換える訳にはいきません。会社側にしてみ…

ライフタイム・エリートメンバーシップへの道:インデックス、傾向と対策

ライフタイム・メンバーシップへの道は、10社以上取り上げたので、インデックスをつくりました。パンデミック・イヤー 2020年に全くふさわしくない特集でした。自分が一つ獲得した重要な節目になったので、ブロガーとしてはネタにせざる得なかったのです。疫…

その他のライフタイム・メンバーシップ

一プログラム、一記事でライフタイム・メンバーシップを紹介してきましたが、他にも同種の制度を持つ会員プログラムはあります。独立した記事を書くほどの能力はありませんが、目についたものを紹介します。 [1] アラスカ航空の Mileage Plan にもミリオンマ…

SKライフタイム・ゴールドメンバーシップへの道

ユーロボーナスのライフタイム・メンバーシップ。10年ほど昔は内部基準が存在する招待制だったようです。年寄りしか招待されなかったという話。いつしか制度が公開されましたが、年齢の要件は入っていません。 日本でも人気がある航空会社なので、興味があり…

LHライフタイム・セネターメンバーシップへの道

Miles & More(M&M)は1993年、ルフトハンザ航空のマイレージプログラムとして生まれました。飛行マイルによって無料航空券などの特典が得られること、ある年の飛行マイルによって利用頻度が測られ、次年のメンバーシップが決まることなど伝統的な仕組みを…

KE ライフタイム・スカイチームエリートプラスメンバーシップへの道

大韓航空の会員プログラム SKYPASS のメンバーシップは、次の三つの点で特殊です。 ・搭乗実績の積算期間はありません。(普通 1年または 2年毎) ・下から2つ目の会員ティアは、ライフタイム・メンバーシップです。 ・SkyTeam Elite Plus に該当する会員テ…

AYライフタイム・ゴールドメンバーシップへの道

北欧の国々の中でも、文化の特異性が際立つフィンランド。そのフィンランド文化をこれでもかと強調する航空会社、フィンエア。「○○○航空なら、機内に入ったとたん✖✖✖」というのは、日本における古典的な外航の宣伝ですが、この使い古されたコピーが一番ぴっ…

北米三大手ミリオンマイラープログラムの比較

シリーズ「ライフタイム・メンバーシップへの道」の補遺です。ユナイテッド航空、アメリカン航空、デルタ航空の北米三大手は、全てミリオンマイラー・プログラムを持っていますが、その特典内容の大部分はライフタイム・メンバーシップです。 三大手はそれぞ…

DLライフタイム・ゴールドメンバーシップへの道

デルタ航空 DL のプログラム、スカイマイルズのメンバーシップはアメリカン航空 AA と同程度に細分化されています。一方、ミリオンマイラープログラムはユナイテッド航空 UA より少し簡単で、AA より発達している水準。 なお DL では、会員レベルは Medallio…

PRライフタイム・プレミアエリートメンバーシップへの道

SNS での発信とか、ブログ記事での体験記や解説をあまり見かけないフィリピン航空(PAL) Mabuhay Miles。しかし日本路線の数や、日本からフィリピンに渡航する人の数を考えると、利用者は多いのではないでしょうか。使っていても公言するのは憚られると言う…

AFライフタイム・プラチナメンバーシップへの道

長くなるので気が進みませんが、エールフランス AF、フライングブルー FB のライフタイム・プラチナメンバーシップを取り上げます。FB の2018年 4月の大改革の結果、おそらく最も容易なライフタイム・メンバーシップになっています。FB のライフタイム・メン…

AAライフタイム・プラチナメンバーシップへの道

北米の競合会社と同様、アメリカン航空 AA でもライフタイム・メンバーシップは、ミリオンマイラープログラムの特典の一部です。 基準 アメリカン航空が販売する便の飛行距離と対象となる提携航空会社の便の加算基本マイルが 200万マイルを超過すること。以…

QFライフタイム・ゴールドメンバーシップへの道

特集第3弾は、カンタス航空 QF の Frequent Flyer。海外勢ではキャセイパシフィックの Marco Polo Club と並んで、日本在住者にとって一番使いやすいプログラムではないかと、密かに思っています。 路線はオセアニアを除くとアジア路線と北米路線が少数、そ…

BAライフタイム・ゴールドメンバーシップへの道

ブログのサブタイトルを戻しました。BA 会員レベルの公示期間は終了、John Smith に戻ります。少々大きな変化が起きたのでお伝えしないといけないと思い、期間限定で表示しましたが、こんなものは恥さらし以外の何物でもありません。珍しければ珍しいほど、…

UAライフタイム・プレミアゴールドメンバーシップへの道

「何でもネタ化」はブログ継続の基本。BA のライフタイム・メンバーシップに到達したついでに、レガシーキャリア各社のライフタイム・メンバーシップについて特集することにしました。特集第1弾は、ユナイテッド航空UAにします。一番充実しているように見え…

Executive Club Gold membership for life:エグゼクティブクラブの生涯ゴールド会員

35,000 TP 超過:何が起こる? ブリティッシュエアウエイズ(BA)のマイレージプログラム、エグゼクティブクラブは各会員の Lifetime Tier Points を記録しています。これが 35,000 に到達すると、会員に Gold membership for life、つまり生涯ゴールド会員…

マイル修行歓迎をばらしてしまった JAL

直前の記事で題材にした JGCファイブスター会員のプレゼンテーション JGCの頂点を極めし輝きとして「JGC Five Star」のご案内をさせていただいております。 について続けます。本日も結論を先に述べます。 JAL はこの表現で JGC がマイル修行を勧奨している…

JAL生涯マイレージのトップティア

発表された新基準は、JAL 国際線搭乗 200万マイルまたは JAL 国内線搭乗 2,250 回。 JGC Life Mileage (JALグローバルクラブ) - JALマイレージバンク 私の情報網では、独自に知りえるわけもなく、時々お世話になっている牡蠣フライさんの tweet で存在を知り…

生涯プラチナ会員を追加するカンタス

なかなか更新できなくて、申し訳ありません。様々なことに忙殺されているのに、何も成しておらず、くたびれ気味。なかなかものを書く元気が出ないというのが直接の原因です。何を言っても言い訳ですが…。 航空旅行、宿泊、外食に関心が高い人に優れた情報ソ…

生涯上級会員修行(その3)

補足事項です。「修行」を実施する時期と、私の思う注意点を指摘します。時期と言っても、季節や景気ではありません。 (a) 生涯上級会員資格を一気に達成するには、費用の400万円~1000万円以上もさることながら、必要期間の3ヶ月~1年は無駄遣いを超え、…

生涯上級会員修行(その2)

会費不要でマイルが貯まるという、FFP会員に共通する特典に加え、預入手荷物の無料追加とか、空港ラウンジの無料利用とか、座席優待とかいう上級会員向けのサービスが永久に受けられる会員。それが生涯上級会員です。 一度なれば「おイタ」をしない限り死ぬ…

生涯上級会員修行(その1)

このブログでも裏技的な搭乗パターンをいくつか紹介しました。しかしながら、いわゆる「修行」の方法は積極的に話題にしていません。実現性が大切で、生活が見え隠れするような方法論になり、遊び心が不足しそうだからです。しかし相当な余裕と準備に加え、…