バス代わりの飛行機

Le rayon d'action illimité. D'une véritable ruche bourdonnante.

06: 日本の翼

ビスタラ、JAL、ANA

ベルリンの音楽無料配信 ドイツオペラベルリンからのメールは、彼らのオペラ上演のビデオを無料配信するというニュース。Alexander von Zemlinsky の代表作「こびと」です。日本ではあまり上演に接することが無い全一幕、80分ほどのオペラ。 日本時間で1月21…

JAL国内線利用で得られる Avios

(この記事は、元旦にすでに公開した今年最初の記事を二分割した後半部分です。長すぎるので分けました。) つぎは改悪が続く BA エグゼクティブクラブの会員の置かれた状況についての話。主題は JAL 国内線利用です。2021年11月中旬以降、 搭乗で得る Avios…

JAL国内線利用で得られるマイル

おめでとうございます。めでたい年の初め。 30年間増えなかった賃金、悪い円安、スタグフレーションなど、経済ニュースは暗い話題ばかり。だからこそ、とある銀行アプリのサンプル画面を貼っておきます。どうだ明るくなつたろう。 pic.twitter.com/QAWDhNBqy…

サービス最小限の JALカードと JGWの比較

JAL のデビットカード、JGW(JAL Global Wallet)は使用料無料。JAL NEO BANK を含む住信SBIネット銀行からのチャージも無料。アプリは小気味よく動作します。 一方、JAL カード「普通カード」の年会費は 最低 2,200 円。アプリがあるのかどうか存じませんが…

JAL 会員いろいろ:JGW を通して気がついたこと

表題の JGW は JAL Global Wallet の略。JAL マイレージバンクが提供する多通貨デビットカードです。オンライン申し込みから10日。普通郵便でカードが届きました。 さっそくスマホで初期設定を済ませて、使える状態にします。アプリはダウンロード済だった…

エグゼクティブクラブ改悪

アカウント改修工事は終了 ようやく機能が取り戻せたようです。屍のようになっていたログインも、以前の姿に戻りました。 左が鋭意改修中、右が現在 インターフェースの変更を期待していたのですが、見たところ全く変わっていません。何をどうしたくて会員に…

サービス簡略化と客が少ないことがコロナ禍のポジティブな効果

昨年と同様、世界各地で年中行事が中止になっています。ドイツでは至る所で abgesagt (=取り止め) が猛威を振るっています。 感染に左右されるとは思えない山間部の農事暦も、何故か取り止め。 Viehscheid in Bad Hindelang: Almabtrieb im Allgäu Bad Hind…

借金して JMB サファイア なんて...

なかむらあや(漢字表記はたぶん無し。なかむらはUS経由で中村から。)のヒット曲、ジャジャ(Djadja)を遅ればせながら初めて聞きました。難しい単語が含まれており、さらっと聞いてこんなのわかるの?と驚いたのですが、母語話者にも分からないらしく、本…

JAL国内線の搭乗口でのご案内順

多くの自治体で、老齢でもなく、持病もない住民のワクチン接種が動き始めました。グローバルな陰謀がまことしとやかに語られ、ワクチンの重い副反応が感染•発症の軽い症状と比較されるなど大変賑やかな予防接種。そうしょせん集団予防接種です。大袈裟に考え…

物流も移動もどうせ国内

国内旅行はいろいろな状況に左右されますが、物流は相変わらず影響を受けないようです。各地の物産は普通に入手できます。食品を選ぶにも少し気をつけると、まずまずのものが流通していることがわかります。 そんな例から牛肉。近所のスーパーに長崎産と表示…

コロナ後の世界:胎動ですかね

イギリスの首相が新型肺炎に罹患した時、集中治療を担当した2人の看護師の一人がNHS の看護師を辞めました。 Covid: Nurse who cared for PM resigns from NHS - BBC News 医療関係者が非常に頑張っているのに、国家がそれに見合う敬意を払っていないことが…

コロナ後の世界:地味ながら見逃せない変化

現在9都道府県に緊急事態が宣言され、オリンピック開催への風当たりも強くなっています。が、このブログではオリンピックはどうでもよく、ワクチン接種が遅々として進まないことや緊急事態宣言の対象が9都道府県にも及ぶことの方が問題。あと Oktoberfest …

JAL のマナー講座は個人向けレッスンも?

大方の予想通り、東京の緊急事態宣言は大きな効果をもたらさないでしょう。昨年の GW は政府の指示を越えて、感染拡大防止の努力をした人が多かったのです。今年は少しでも言い逃れができる指示は他人事。日本も国際社会並みになりました。 そもそも規制では…

これまでとは違う国内線の使い方をしてみて分かったこと

送料無料は衝撃的。Wien のトルテの直接発注と入手が話題を呼んでいます。Sachsen の皿の上に載った「豪華な」写真を見た時は眩暈がしましたが、Preußen や Brandenburg の文化圏では恐らく無問題。Kreutzkamm も Sacher も仲間。Meissen も Augarten も仲間…

初の JAL 国内線 Avios 発券

久しぶりにまとまった時間が取れたので、気分転換に「ちょっとそこまで。」 ANAに乗るぞと宣言したのですが、早々に赤組の巣窟へ。羽田第一ターミナルの優先搭乗は、相変わらず長い列です。神々しいダイヤ様の列は、パンデミックぐらいではびくともしません…

COVIDで変わった機内誌

機内誌なんて読む人はあまりいないためか、このブログを除いて滅多なことでは話題になりません。しかし会社による差が大きく、比較が面白いのです。雑誌ですから記事の内容が充実しているとか、写真がそれなりに凝っているとか、そんな部分で判断できますが…

JGC と SFC の特徴・永続性(その 2)

力の源泉 JGC や SFC の商品力の起源を探してみると、結局ブランドを確立したことに行き着くます。次の2点が指摘できます。 (3-1) JGC vs JMB Sapphire、SFC vs AMC Platinum JGC は JMB サファイア会員と、SFC は AMC プラチナ会員と同等の特典を持つ会員…

JGC と SFC の特徴・永続性(その 1)

JAL と ANA の特殊な会員制度、JALグローバルクラブ(JGC)とスーパーフライヤーズカード(SFC)。提携クレジットカードの会員で、マイレージプログラム(FFP)の上級会員特典の一部が付帯することが売りです。 入会条件はクレジットカードとしては特殊です…

クリスマス遊覧フライト

何を思ったのか、JAL は聖夜フライトを実施します。「空たび 星空フライト」の第3弾。第1弾は9月26日、第2弾は2か月後の11月28日に実行され、1月経たず第3弾となると明らかにクリスマス商戦。ANA が開拓したカテゴリーの旅行商品も、平然と販売出来るよう…

身動きが取れない ANA と着々と手を打つ JAL

パンデミックであらゆる航空会社が大打撃を受けていますが、その対応はずいぶん異なります。似たような性格を持つ会社では、やりたいこと、やるべきことは共通しているけれど、できるかできないかの差が付いたようです。 たまたま ANA と JAL が良い対照にな…

JAL 124:ITM-HND ファースト

すっかりきれいになった大阪国際空港北ターミナル。近距離アクセスの空港バスのうち、いまだに運休中なのは京田辺線のみ。国内線運航が平常に近づいている証左となっています。 搭乗手続き、保安検査後は素直に DP ラウンジへ。ブログ記事を書こうと心に決め…

minimum Avios/ TP?

10月25日、JALグループの日本エアコミューター(JAC)と北海道エアシステム(HAC)がワンワールド(ow)の affiliate メンバーになります。 http://www.jac.co.jp/pressrelease/pdf/7ae99eb9f0b0e35cddff22f9c9dc2979137df984.pdf 日本エアコミューターと北…

マイル修行歓迎をばらしてしまった JAL

直前の記事で題材にした JGCファイブスター会員のプレゼンテーション JGCの頂点を極めし輝きとして「JGC Five Star」のご案内をさせていただいております。 について続けます。本日も結論を先に述べます。 JAL はこの表現で JGC がマイル修行を勧奨している…

JAL の日本語

時々強調していますが、このブログは日本語の練習のために続けています。言語なんて、現場の中で磨かれるものだと思います。語学ブログのように正面から取り上げる機会が少ないのはそのためですが、連休も海外に出られず暇になったので、 ANA の 's - バス代…

JAL生涯マイレージのトップティア

発表された新基準は、JAL 国際線搭乗 200万マイルまたは JAL 国内線搭乗 2,250 回。 JGC Life Mileage (JALグローバルクラブ) - JALマイレージバンク 私の情報網では、独自に知りえるわけもなく、時々お世話になっている牡蠣フライさんの tweet で存在を知り…

会員プログラムとパンデミックの影響

未必の故意が疑われる WHO により、空前の被害がもたらされた航空業界。あらゆる会社が多大な影響を受け、様々な角度からブログネタが見つかります。そんな中、顧客プログラムは比較的安定しているように見えます。会員資格を延長、マイルや特典の有効期限も…

災い転じて福となせ

ビジネスでは危機を飛躍に変えると称賛されますが、実はそういう話はありふれています。危機が訪れると不要だったり、時代に遅れをとる要素は、苦労せずとも自壊します。時代に合致するための事業再編は容易になります。逆に言うと、屋台骨が揺らぐような危…

ヒースロー Terminal 5 でのサービス向上

ロンドン・ヒースロー空港(LHR)のターミナル 5(T5) は、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の専用ターミナルとして開業。途中経営統合した IB が入ってきたものの、基本的には COVID-19 の汎世界的流行(Tedros Pandemic)の前まで BA のターミナルでし…

ヒースロー空港:JALもターミナル5に移動

この記事を出してから数日して、だいぶ情報がまとまったので、改めて一つの記事にまとめました。 ヒースロー Terminal 5 でのサービス向上 - バス代わりの飛行機 この方が包括的です。 世界の極、ロンドン・ヒースロー空港では、ブリティッシュ・エアウェイ…

国内旅行のキーワードは地酒

4月17日に羽田空港第一ターミナルは北ウイングを閉鎖、それ以来南ウイングだけで営業していたようですが、7月1日、全体の営業を再開するようです。このターミナルの発着便の大部分が JAL なので、JALの意向で決まるのは当然。6月は Pechedenfer の悪い予感*…