バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

MH88:KUL-NRT ビジネス

マレーシア航空、Skytraxの評価で5つ星航空会社になりそうな勢いですが、さてどうなるでしょう。「under review」の結果はいつ明らかになるのでしょうか。しかし今回のテーマは、それではありません。ごたごたのエントリーを続けていて、昔話になる前にこの搭乗をupします。

 

空港到着後、時間があったのでラウンジに行くことにします。

f:id:PECHEDENFER:20150307142700j:plain

最近おなじみのMHのRegional Golden Lounge。マレーシアではふんだんにカロリーが取れるので、空腹感がおきません。アルコールはバーカウンターで注文すればもらえますが、面倒です。結局、飲み食いせずというパターンでした。KULに来るとたいていそうです。この空港では飲食に縁が無いようです。

 

ゲートはH6。ひたすら先へ進みます。

f:id:PECHEDENFER:20150307142922j:plain

もう列ができています。何を待っているかと言うと、待合室に入るためのセキュリティチェックの開始です。KULもSINもこの方式。

f:id:PECHEDENFER:20150307143349j:plain

ビジネスクラスの優先は無いのかと訊いていた御仁がおりましたが、残念ながらこの段階ではそういう扱いはありません。

 

待合室は総ガラス張りで、天井が高く、伸びやか。夜なのでどうでもよいことですが…。

f:id:PECHEDENFER:20150307144013j:plain

 

A330-300。私の席は5K、窓側先頭席でした。ビジネスクラスは2-2-2のシート配置が8~9列、合計50席だと思いますが、ほぼ満席でした。777-200よりはシートが新しく、マットレスはありません。

f:id:PECHEDENFER:20150307144050j:plain

さて深夜の出発(23:35発)なので、食事はサテーとフルーツだけです。

f:id:PECHEDENFER:20150307144234j:plain

トイレには2箇所に花が飾ってありました。ドア付近

f:id:PECHEDENFER:20150307144337j:plain

と、奥

f:id:PECHEDENFER:20150307144409j:plain

です。シートベルト着用サインがついている最中なのが、ばれています。

 戻るとキャビンは夜で、就寝モードになっています。

 

ちょうど3時間で照明が付き、起こされます。到着1時間前です。スケジュールが消化されているような機内サービスです。

 担当CAは日本人でした。てきぱき働く様子は異質でした。東南アジアの航空会社に何が不足しているか教えてくれるようなサービスでした。

 KULでゲートに向かう時、たまたま今日のチームと一緒になったのですが、この方、機長と話をしながら歩いていました。化粧も体型もマレー女性そのものでした。搭乗時、普通に日本語で挨拶してきたので驚くとともに、エキゾティックな感覚が霧散しました。サロンケバヤも袈裟と一緒。衣装だけでは、良くも悪くも変わりません。

 

朝食をとらず、横たわっている自由もあるのですが、どうせ騒々しくなるので、諦めて目覚めます。こんなところを飛んでいました。

f:id:PECHEDENFER:20150307144815j:plain

目覚めの一杯は、オレンジジュース。朝シャンも可能だっただろうと思います。

f:id:PECHEDENFER:20150307144925j:plain

 

さすがはマレーシア。選択肢はヘビーな皿ばかり。迷わずマレー風に。早朝の朝食でこれ。Bonne MamanとPrésidentが、MHです。

f:id:PECHEDENFER:20150307145021j:plain

 

片づけが終わると、窓の外はl'aube。(=黎明。たぶん日本語の方が難しいケース。この単語が思い出せず、辞書で調べました。)

f:id:PECHEDENFER:20150307145629j:plain

機内照明の映り込みを防ぐため、いい年して頭から毛布をかぶり、窓にへばりついて撮りました。

 

NRTからKULへ行くMH71で配られるTumiのアメニティは、配布されません。この便は睡眠がある程度できるので、それほど厳しいビジネスクラスとはなりません。