読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

SPG アメリカンエキスプレスカード:2016年の利用で有効性を検討してみる

スターウッドホテル&リゾートの会員プログラムは、SPG。その提携クレジットカードであるSPGアメックスの人気は、極めて高いようです。「お得な感じ」。しかし、本当のところは儲かっているのはアメックスだったり、Starwoodだったりします。クレカなんて全部そうですが、自分に合っているかどうか毎年チェックするのが良いはず。

 

そこで自分でどのぐらい使っているか、あらためて調べてみました。ただしこのカードに関しては、SPGのプログラムと分離して評価しても意味がないので、合わせて考えるしかありません。

f:id:PECHEDENFER:20170121205416j:plain

緑と水に囲まれた近代都市バンコク。撮影したかったのはAsokにあるSheratonですが、観光協会向けのアングルで撮りました。

 

ポイント→マイルのチェック

以下はPechedenferの実例、つまりぎりぎりでプラチナ会員を継続するケースです。昨年1年間のStarwoodの有償利用は、26泊でした。ホテル利用によるポイントの累計は、17,908 ptsになりました。支払いは全てSPGアメックスを利用しましたが、26万円程度。このカードの支払いによる単純なポイントは、2,600 ptsぐらい。するとSPGの宿泊から発生したポイントは、20,500 ptsぐらい。これを航空会社のマイルに変換すると、25,500 milesになります。支払い100円に対して、ほぼ10 milesになります。航空券を買って搭乗するよりも多いマイルが得られます。これを超えるのは、マイルを直接買う場合ぐらいでしょう。

 SPGアメックスでSPGの宿泊を繰り返した結果、かなり高効率でマイルが貯っているようです。宿泊で貯まる分が大きいですが、クレカがなかったらここまで泊まっていないと思います。一緒にします。

 

恒久的に続くかどうか分かりませんが、11月からSPGホテルで宿泊した時にこのカードで支払うと、100円=2 ptsになります。今年はさらに高効率になります。

 

プロパーなアメックスと比較してみます。ゴールドカードの入会キャンペーンは手を変え、品を変え行われます。例えば次のキャンペーン。

アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カード

3ヶ月以内の70万円の利用で、ボーナスポイントが40,000 pts。これが今走っているキャンペーンの中では、一番ポイントボーナスが大きいものだと思います。

 シンプルなゴールドカードの不利な点は、SPGに比べると、アメックスからポイントを直接移せる航空会社FFPが限られる上、4月から制度が変わり、40,000 ptsは32,000 milesにしかなりません。70万円使った時点で47,000 ptsになりますが、これを航空会社のマイレージに変換すると、37,600 miles。100円あたり5.4 miles。電光石火で70万円使って、3月31日までにFFPに移行できれば、100円当たり6.7 miles。

 

ゴールドカードの入会キャンペーンは、もちろん1回だけ。上の計算のSPGアメックスの方は、通常時。SPGをほどほどに使う人なら、単純にマイルが目的でも、ゴールドカードのキャンペーンより、SPGアメックスの方が有利となります。

 

クレカ由来の特典のチェック

SPGアメックスには、年に1泊の「無料宿泊券」もついています。こういう無料利用のオマケは、必ず年会費と比較されます。年会費31,000円ですから、これより宿泊料が高いところに泊まったら、「もとが取れた」というケチな発想になりがち。別に節約できるわけではないのですが、それはともかく、可能な限り豪華な宿泊に使うのは基本でしょう。

 Pechedenferは、最初の年の無料宿泊をParisのWestinにしました。この物件、250 EUR程度が最低ライン。「もとが取れる」というレベル。宿泊当日には、アップグレードがあり、やや良い部屋。その部屋の通常のレートは、878 EURとありました。もちろん安い日を探せば、この部屋も半額ぐらいで泊まれるはずです。

 年会費を何と比較してよいかよくわかりませんが、たまにパーッと使う(こういう無駄遣い、あるいはそういう精神状態をフランス語でpetite folieなんて言います。)時に、節約できるというような感じ。少し屈折していますが、これがアメックス流。

 この無料宿泊がなければ、Parisでももっと安い場所、もっと安い物件を利用していたはずですから、節約にはなっていません。

 

2年目は、予約した日の最低料金が485 EURというホテルになりました。1年目よりさらに得だなんて、ケチなことを考えてしまうのでした。

 

カテゴリー6までという縛りはありますが、ロンドンあたりなら一泊最低10万円なんてレートが出ているような物件もあります。ホテル代が高い都市で使うのが良いと思います。もっともプラチナ会員なら、SPGアメックスとは関係なく、たまに最上のSuiteにもアップグレードがあるので、あまりケチなことを考えても仕方ない気もしてきます。

f:id:PECHEDENFER:20170121205258j:plain

 

もう1つの特徴的な特典は、ゴールド会員資格。これは全く活用していません。要はムダ。

 SPGアメックスは良く使う人ほどマイルが効率よく貯まる仕組み。しかし活用すれば、プラチナ会員になり、ゴールド会員資格は意味がなくなります。あまり使わない人間はゴールド資格で釣って、よく使う人間はマイルの効率で釣るという商品です。

 

結論

マイル変換の高い効率といい、無料宿泊と言い、結局は客の懐から出ているので、Starwoodは割高なホテルチェーンなはずです。SPGなり、SPGアメックスで武装せずに宿泊すると、料金だけ高いということになり、損かもしれません。良くも悪くも「アメリカ~ン」なSPGですが、客層を除くとそんなに悪い印象を受けたことはありません。総合すると、現況の評価はhold。変更なしというところです。