バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

QR852:DOH-KUL ビジネス(その1)

乗り継ぎ時間8時間となりました。ラウンジ乞食をするなら、うれしい接続。しかもビジネスクラスは、保安検査が優先レーンなので、すぐに終わります。

f:id:PECHEDENFER:20170514170242j:plain

通過後はすぐに巨大スクリーンが現れます。意味不明の映像が続きます。

 

QRの乗継では、4種類のラウンジが使えます。まずFirst Classの客はAl Safwa First Class Loungeという専用ラウンジが用意されています。付添人に連行されると思いますが、希望すれば他のラウンジにも行けるのでしょう。

f:id:PECHEDENFER:20170514170442j:plain

 

ビジネスクラスの客には、Al Mourjan Business Loungeという専用ラウンジが用意されています。

f:id:PECHEDENFER:20170514170544j:plain

その他にFirst Class LoungeとBusiness Class Loungeがありますが、これは他社共通のラウンジ。owで上級会員になっているビジネスクラス利用者なら、これらも選択肢に入ってきます。

 

Emerald会員でビジネスクラス利用、乗継時間が8時間という条件。正しいラウンジ乞食なら、3ラウンジ回って食べまくらなくてはなりません。が、Pechedenferにはそんな元気はありません。Al Mourjan Business Loungeに籠って、どうでも良い仕事をしていました。

 

このラウンジは2階建てで、下階には大きなプールがあります。水たまりであり、泳ぐためのものではありません。水盤です。

f:id:PECHEDENFER:20170514171022j:plain

この畔は、なかなかの特等席。らせん状階段を上がった上階は、”feeding area” で間違いないようです。そう訊いたら、"Yes"とスタッフが答えたので...。スタッフが様々な食糧を、多数の体重過剰者に与えていました。

 

このフロアでは、深夜は簡単な飲料だけです。

f:id:PECHEDENFER:20170514171451j:plain

朝食時間帯には、パンぐらいは並んでいたように記憶しています。何も食べていないので定かではありません。Qatar Airwaysは機内食の量が多いので、特に食べる必要を感じません。

 

窓にはカーテンがありますが、外の様子が分かる程度には透けて見えます。

f:id:PECHEDENFER:20170514171840j:plain

 

前回はAl Safwa First Class Lounge内を除き、付き人がいたため、この空港内部をほとんど知ることなく終わってしまいました。今日は少し回ってみました。ショップもずいぶんたくさんあったのですが、買い物するならLondon Heathrowの方が魅力的に感じられました。

 

イスラム教の国ですが、偶像になりそうなものも少しあります。

f:id:PECHEDENFER:20170514172106j:plain

 

ターミナルの長軸方向の移動では、シャトルの利用ができます。香港では地下ですが、Dohaでは空中を往復します。

f:id:PECHEDENFER:20170514172214j:plain

未来指向というより張りぼてに見えました。

 

ゲートに着いてわかったこと。またバスでの移動です。暑いのでたいていの人はうれしくないでしょう。

f:id:PECHEDENFER:20170514172447j:plain

 

巨大なエンジンのB787。地面に届きそうです。

f:id:PECHEDENFER:20170514172539j:plain

 

日差しが相当強く、すぐに日焼けしそうです。

f:id:PECHEDENFER:20170514172643j:plain

Qatar Airwaysを利用するついでにDoha市内も見てみたいと思うのはとても自然ですが、12~1月に実施するのが身のためです。

 

これは1-2-1の座席配列のキャビンでした。

f:id:PECHEDENFER:20170514172956j:plain

このシート、今まで出会った逆ヘリンボーンビジネスクラスの中では一番良くできていると思いました。

 

第一に曲線が多用され、優美な感じを受けます。サイドテーブルの間接照明はうるさくなく、インテリアとしても、実用の上でも大変良いものでした。

 

空間も大きめです。フルフラットにした時、足元が収まるスペースですが、天然光が入っています。換気も十分です。

f:id:PECHEDENFER:20170514173243j:plain

カーペットはQR柄。

 

テーブルはサイドテーブルと一体化されており、必要ない場合は正面部分を液晶ディスプレイの下に収納する形になっています。

f:id:PECHEDENFER:20170514173432j:plain

写真の正面テーブルは、引き出して、さらに広げます。

 

かなり広く、食事をするにしても仕事をするにしても重宝しました。

f:id:PECHEDENFER:20170514173532j:plain

 

右手手前には、サイドテーブルから一段上に物置のスペースがあり、モノの落下防止のために端が盛り上げてあります。その曲面も優美。

f:id:PECHEDENFER:20170514173641j:plain

 IFEのリモコンは液晶接触式。座席のコントローラーはQR特有のアイコンスイッチが並べてあります。使いやすい位置に配置されています。

 

サイドテーブルの下にスペースがあります。座面と高さが同じですが、ここでも蓋つきの収納スペースがあります。バッグの中身は収まるけれど、バッグごとは入らないという程度の大きさです。

f:id:PECHEDENFER:20170514174210j:plain

座席左側は大きめの肘置き。その中も収納スペースです。ヘッドホンが入っていました。ペットボトル用のスペースもあります。

f:id:PECHEDENFER:20170514174148j:plain

シートから通路に出る側です。ひじ掛けの前方のシートの背部にも、収納引き出しがあります。これは靴の収納に使うものです。

 

収納スペースの配置、台の配置によく気を配っており、使いやすく、忘れ物をしにくいだろうと感じました。シート自体もQatar Airwaysらしく、しっかりしており、文句なしによくできていると言えます。