バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

BAのライバルたちのシート

今回のLufthansaの展示では、12月に日本路線に導入されるプレミアムエコノミー(Upper-Holzklasseとか、Edel-Holzklasseなどと揶揄されてますね)のシートの展示も少しばかり期待していたのですが、ありませんでした。

 

Lufthansa Upper-Holzklasse。昨年3月にはその導入が報道されていました。

http://www.n24.de/n24/Nachrichten/Wirtschaft/d/2623340/lufthansa-fuehrt-4--klasse-ein.html

最近の報道によると2014年12月から実配備です。ずいぶん時間がかかります。

http://www.deutsche-mittelstands-nachrichten.de/2014/05/62068/

http://www.lufthansa.com/jp/ja/premium-economy-class

日本への導入は少し遅れるので、記事では落ちています。

 

f:id:PECHEDENFER:20140615153406j:plain

 

12時間を超えるような路線、特に東西の移動では、ベッドの有無やタイプは重要です。BA、LufthansaAir Franceで、フルフラットのビジネスクラスがないのは、AFだけになりました。来年導入だったでしょうか?(追記:6月にCDG-JFK便で導入されました。しかしまだ稀なようです。)

 

プレミアムエコノミーに関しては、私が初めてWorld Traveller Plusに乗ったのは2004年。その時までにBAには広く装備されていたわけです。Lufthansaは10年遅れてい ます。(Air Franceは2009年から。)ビジネスクラスのフルフラットもBAが確か最初だったはずです。私が後向きの離陸を初めて体験したのも2004年の ことで、LHR-NRT間のClub Worldでした。Air Franceは10年遅れています。

 

ビジネスとプレエコという「中間クラス」のイノベーションでは、LufthansaAir FranceはBAの敵ではないようです。

 

よくよく考えると、BAはライバルと比較して結構がんばっています。