バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

2016年版スターアライアンス・ゴールド達成、維持しやすいFFP(その3)

(5) 雑駁な付加情報

いくらスターアライアンス・ゴールドが楽に維持できても、マイレージプログラムとしての「性能」があまりに悪いのでは考え物です。上級会員資格の付与は、プログラムサービスのごく一部に過ぎません。

 ゴールド会員の更新以外のことで、私が気がついたことを並べてみます。

 

エジプト航空はカイロが本拠地。テロやら何やらで危険なイメージが強い地域です。ただし、MS*Gの獲得、更新にMSの利用は必須ではなく、エジプトに行く必要はありません。心配するとしたら、観光需要が落ち込み、MSの経営が怪しくなることです。しかしながら、この場合も政府の後押しがあるはずなので、全面戦争にでも巻き込まれない限り大丈夫ではないかと思います。

 

エーゲ航空A3の良いところは、マイルの積算率が地味に良い点と、特典航空券を得るためのマイルが少ない点です。

 提携会社はギリシャに集中しており、多岐に渡っています。ギリシャ旅行が好きな人だと、A3*G関係なしに入会した方がよいプログラムです。ギリシャに行かない場合は、面白みが少ないプログラムです。

 

・日本語環境は文句なしにアシアナ航空OZが一番でしょう。トルコ航空TKも日本に拠点を持っていますが、あまり配慮されているとは言えません。A3とMSは日本語ゼロでしょう。英語も怪しかったりします。

 

・「マイレージプログラムの会員は、その航空会社を利用すべし」と考えるまともな人には、TKがお勧めできるのではないかと思います。充実した路線網と評判の良い機内食は特筆されます。本拠地イスタンブールの空港ラウンジが魅力的であることも外せません。スターアライアンス・ゴールド会員は、当然利用可です。

 

・OZの日本就航地の多さは無視できません。14都市にもなります。近所の空港に就航している場合は、当然便利です。世界的にはそれほど就航地が多い会社ではありませんが、日本では利用しやすい会社です。

 

ギリシャ語はアルファベットを読むのが面倒とか、朝鮮・韓国料理は塩分が多いから避けたいとか、個々の好みがあればそちらを優先した方が良さそうです。なんだかんだ言って今回調べた4つの会社では、その程度の差しかない気がします。

 

f:id:PECHEDENFER:20151108180935j:plain

中東やエジプトから欧州に向かう場合、A3の路線網は悪くなく、Athenesはハブとして十分機能しそうです。

 

(6) 結局どうする?

維持に関しては、今だにA3*Gが最も楽になりそうです。A3を定期的に利用できるなら、絶対そうです。ユナイテッド航空UAの利用によるマイル加算率の削減があったため、TKとOZの優位は消えました。私としてはA3に文句はないので、引続きお付き合い頂こうと思っています。もし何らかの理由でA3を止める場合は、TKですかね。この2社の本拠地はATHとISTと近く、路線網に代替が効きます。またエジプトとトルコを比べると、イスラム教がより世俗化している後者の方が付き合いやすい気がします。

 更新するための搭乗は、やはり積算率が高い航空会社の利用ということになります。タイ航空TG、シンガポール航空SQ、スカンジナビア航空SKなどでクリアすることになると思います。

・TGの格安エコノミー(HやQ)で、バンコクチェンマイをあわせて4回

・TGの格安ビジネスで、チェンマイを2回

・SKのプレミアムエコノミーでスペイン往復

だと大体24,000 milesになり、A3を利用しなくても更新されます。格安エコノミーの場合だとMSやTKでも同じマイルが積算されるので、これらのプログラムでも更新されます。TK*GやOZ*GならSQの格安エコノミーで欧州1往復、MS*GならTGの格安エコノミーでシンガポール2往復。「海外旅行好き」と言われる人なら、無理なく維持できます。(以上東京出発の場合)

 

私の場合、せっかくだからA3の利用も考えていますが、SK+A3として一度の旅行にまとめる必要はありません。東欧やギリシャの都市にも適した季節があるので、訪問したい時に訪問します。A3を4搭乗すれば、それにTG格安エコノミーによるバンコク2往復を加えてA3*G更新です。