読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

Statusmatcherの利用

Star Alliance miles & points

この記事は、「容易なスターアライアンスゴールド2017版」三部作の付録です。

 

少々図々しいお客様にも

Aegean Airlines、Turkish Airlines、EgyptAirのFFP会員なら、スターアライアンスゴールド(*G)を維持するのは大変ではありません。三記事で書いた通りです。ただその場合でも、ゼロから取得するのは少し手間がかかります。

 

Aegean Airlines:2年以内に、36,000 miles + A3 8搭乗 ~ 72,000 miles + A3 0搭乗 

Turkish Airlines:2年以内に、65,000 miles

Egyptair:30,000 miles搭乗後、 2年以内に30,000 miles

 

と、まずまずの搭乗を要求されます。上級会員資格がないと一見客と同じ扱いですし、*Gの下の資格の*Sでは、普通に利用する分には特典はありません。

 

今*Gでなくても、できれば最初から優先チェックイン、ラウンジ利用、優先搭乗の特典を受けたいものです。まじめに*Gを何年も続ける気だから、航空会社も気を利かせてくれても良いのに...と、都合の良いことを考える人がいてもおかしくありません。

 

よく知られていますが、これは可能です。status matchが使えます。他社FFPの上級会員を自社FFPに迎えるにあたって、平会員では来ないだろうと考える会社は、元の会員レベルに応じて上級会員資格を与えるシステムです。特徴としては、

・時々キャンペーンを行う会社が多い

・多用する会社とそうでない会社がある

ことでしょうか。経営が上を向いて、いろいろな投資ができるようになったとか、競合する会社が潰れて、そのFFP会員が露頭に迷うなどという時に、キャンペーンが行われやすいようです。

 

もちろん現在FFP上級会員でないと、status matchは使えません。しかし、日本在住の場合は、Delta SkyMiles American Express Goldというクレジットカードがあります。クレジットカードを作れる人なら、このアメックスに入会すれば、SkyMilesのGold会員で、SkyTeam内では*G相当の上級会員。したがって、Star Alliance内のFFPの*Gへのstatus matchにも使えます。

 

Status matchを歓迎する会社

こんな場合こそ、情報収集が必要です。status matchで、Aegean Airlines、Turkish Airlines、EgyptAirの*G会員になれば、会員資格獲得の段階が省略できて、課題は会員資格維持だけになるので、ずいぶん楽。そこで、これらの会社がstatus matchに積極的かどうかチェックします。

 世の中良くしたもので、status match成否の報告サイトが存在します。

StatusMatcher | Obtain Elite Travel Status

航空会社のFFPのみならず、ホテルのFSP、レンタカーのrewards programのstatus matchも幅広く扱っているのが特徴です。今関心があるのは、航空会社FFPだけなので、Airlinesだけを見てみます。すると報告のあったFFPが全て表示されます。

 

f:id:PECHEDENFER:20161117182116j:plain

この中で、桃色楕円に白抜きのMというマークがあるFFPで、頻繁にstatus match成功例が報告されています。上級会員にいきなり迎えてくれる、気前のよいプログラムです。幸いなことに、Turkish Airlinesにはこのマークがあります。そこでそこをクリックすると、成功率と直近のstatus matchを試みたレポートが表示されます。

f:id:PECHEDENFER:20161117182626j:plain

なかなかの成功率です。challengeというのは、条件付きOKです。「何カ月以内に何マイル以上搭乗すれば、向こう1年間上級会員にしてやる。その間は仮上級会員で我慢しろ。」というような提案。

 レポートの方は、以下のように並びます。

f:id:PECHEDENFER:20161117182833j:plain

status matchに関するポリシーは各社とも時々変わり、それは発表されるものでもないので、レポートされた月日が新しい方が情報として有用です。それでDelta SkyMilesから仕掛けた例で最も新しいものを見ると、失敗しています。これをクリックすると、さらにどういう状況だったか詳細を知ることができます。SkyMiles会員の成否を新しい方から見てみると、

8/26 Gold ⇒ Elite 失敗

6/28 Gold ⇒ Elite 失敗

6/18 Gold ⇒ Elite 失敗

4/20 Gold ⇒ Elite 成功

4/20 Gold ⇒ Elite 成功

4/  2 Diamond ⇒ Elite 成功

3/  3 Platinum ⇒ Elite 成功

2/20 Gold ⇒ Elite 失敗

2/  1 Gold ⇒ Elite Challenge

以上が今年の例、全てです。あまり率がよくありません。今年の例を見ていて気が付いたのですが、A3をはじめ、BA, AF, AZなどからのstatus matchは成功率が高いようでした。Turkish Airlinesは、欧州のFFP会員ならウチにも乗るだろうと判断しているのでしょう。

 

次善の策

「そりゃDeltaはアメリカだけど、Miles & Smilesでバシバシ搭乗しようと思っているのに...」という方には、別の手があります。Star Allianceのルールでは、加盟各社の搭乗に際して*Gの特典を享受して、搭乗マイルは*GとなっているFFPとは別のFFPに加算できます。もちろん、いきなりAegean Airlines、Turkish Airlines、EgyptAirで、*Gに迎えてもらうのが一番です。しかしそれが無理なら他のFFPで*Gになって、その資格が有効な間に標的FFPで*Gをゲットすると、作戦変更です。

 最初のBrowse Airlinesの画面に戻ると、以下のStar Alliance加盟会社にMマークがついています。

 

Air New Zealand

Avianca Brazil

Copa Airlines

EVA Air

 

これらを調べて、SkyMilesのGold会員を*Gに迎えてくれた例が多いFFPを選べば確率も上がるというものです。

 Air New Zealandは、SkyMilesからの例がありません。予想通り、QFとVAからのリクエストだらけです。Avianca Brazilも例が少ないのですが、直近では昨年11月にSkyMiles Goldが Amigo Goldに迎えられています。他のFFPからのリクエストも成功率が高いようなので、ここは狙い目です。Copaでは、直近のSkyMiles GoldからConnectMiles Goldへのリクエストが成功しています。EVAは昨年12月にSkyMiles Platinum会員が行った例が報告されていますが、失敗。レポートを読むと、地理的な理由で歓迎されていないようです。

f:id:PECHEDENFER:20161117190716j:plain

 

リクエスト元FFPの地理的な状況に、最初のフィルターがあるケースが多いようです。するとDelta SkyMilesだと、Copa AirlinesかAvianca Brazilが良いということになります。「日本在住なのに...」などと言っている暇があれば、確率の高いところにリクエストを出す方が賢いと思います。

f:id:PECHEDENFER:20161117190732j:plain

キャンペーン利用と注意事項

確かAvianca BrazilのAmigoは、最近までstatus matchのキャンペーンを行っていました。Alitalia も最近やっていました。時々こういうこともあります。キャンペーンの場合は条件が明示され、その条件に合えば必ず上級会員に迎えてもらえます。チャンスを逃さないことは、いつも重要。

 Statusmatcherは、誰でも書き込めるサイトなので、ウソでも誤解でもそのまま掲載されているはずです。したがって、記述の真偽や妥当性を冷静に判断することが殊の外重要です。