バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

CI752:SIN-TPE ビジネス

シンガポールは30度超。多湿。ニッポンの夏のような気候。東京が寒いと言って逃げたのですが、着いたら着いたで暑いのでした。街が清潔、車が左側通行なのはわかりやすく、マンダリンで話しかけられることを除いては、滞在していて無理がない都市です。

 

東京ーシンガポール間はシンガポール航空(SQ)だけで毎日5往復あります。そんなに人の往来があることが不思議です。「みんな何しに行くの?何しに来るの?」という疑問はさておき、単純に便利なのは歓迎。今日はそんな世界ランキング常連の高級エアラインではなく、身近な中華航空

f:id:PECHEDENFER:20160118124000j:plain

チャンギ空港はTerminal 3、MRTの駅から登ると正面に中華航空のカウンターが並びます。便利で立派なのは慶賀の至りですが、本拠地の桃園より立派に見えるのは痛し痒しではないでしょうか。

 

この空港はとにかく清潔。床が光っています。

 

ラウンジ施設も数多くあります。誰でも有料で使えるラウンジや、カードで使えるラウンジも充実しています。そんな中、本日の指定ラウンジはこちら。

f:id:PECHEDENFER:20160118124406j:plain

清潔で明るいということ以外は、取り立てて特徴がないラウンジです。建具は安物ですが、清掃や補修を徹底的にやるためか、立派に見えます。

f:id:PECHEDENFER:20160118124635j:plain

 

チャンギはKuala Lumpurと同様、ゲートの直前にセキュリティがあります。搭乗予定のB2ゲートは、いくつかまとめてひとつの待合ホールで、セキュリティも共通。

f:id:PECHEDENFER:20160118124903j:plain

この空港は大体そうですが、待合ホールが十分広く、シートも十分あり、ストレスが感じられません。写真は少し暗くなってしまいましたが、実際には明るいホール。

f:id:PECHEDENFER:20160118125015j:plain

機材には適当なところで乗り込みます。来る時と同じA333。2-2-2のシート配列で6列36席がビジネスクラス。皮のシートは悪くありません。

f:id:PECHEDENFER:20160118125642j:plain

10:25が出発予定時刻でしたが、10:22ドアクローズ。10:28プッシュバック、10:38離陸と、かなり優秀。10:48にはシートベルト着用のサインは消灯していました。

 

南の島。

f:id:PECHEDENFER:20160118125807j:plain

 

離陸後のドリンクサービスは、いつもの袋菓子と共に出てきます。いつものパターン。

f:id:PECHEDENFER:20160118125918j:plain

ワインはMosel Rieslingです。思ったよりRZは小さいようです。何杯も注いでくれます。

 

11:20には早々と昼食が始まります。

f:id:PECHEDENFER:20160118130110j:plain

CIらしい、量がしっかりしている機内食。バターはOldenburger。Niedersachsenの海近くはまだ未踏の地。台湾では出回っているらしいことがわかりました。

 

サービスする方は、結構忙しかったに違いありません。まだそれほど飛んでいません。

f:id:PECHEDENFER:20160118130247j:plain

昼食自体は、かなりゆっくりしていました。パンの追加、ワインの追加などで何回かクルーが回ってきます。パーサーは男性でしたが、よく働くチームでした。

 デザートは別に出てきます。ソースで絵を描くのは、ビジネスクラスでもはやっていますが、これはとても無骨。給仕の個性が直接客に伝わるので、手間をかける価値があると思います。

f:id:PECHEDENFER:20160118130438j:plain

この頃には、Ho-Chi-Minh市近くを飛んでいます。

f:id:PECHEDENFER:20160118130618j:plain

12:15に昼食終了。1時間かけたランチ。良い時間配分です。

 

この後1,200 miles残っています。映画という気分でもなかったので、持ち込んだLe PointとFTを読んで過ごします。

AccorhotelsによるFairmont-Raffles-Swissôtelsの買収劇の記事がありましたが、新しい情報は得られません。

 

13:54に下降開始。風が強く、気流も悪く、揺れます。

f:id:PECHEDENFER:20160118131129j:plain

 

到着はTerminal 1のA7ゲート。

 

桃園は雨です。ということは、明日あるいは明後日には東京も雨でしょう。冬の天気は西から変わります。

f:id:PECHEDENFER:20160118131245j:plain

 

乗継ぎ便のCI106は、Terminal 2のA9ゲートから出ると掲示されます。このバグはいつまでたっても直りません。(Terminal 2のゲートはCまたはDから始まります。)赤字がおそらく変更を受けたゲートですが、ターミナルが連動して訂正されないようです。

f:id:PECHEDENFER:20160118131513j:plain

一度だまされましたが、もう引っかかりません。