読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

JL526:CTS-HND クラスJ

最後のあがき

避暑地から暑い東京へ戻る冴えない旅客の一人、Pechedenfer。札幌を去るにあたって選んだ食はスープカレー

f:id:PECHEDENFER:20160816200626j:plain

ここは飲食店が充実しており、いくら、うに、ラーメン、スープカレージンギスカン、ブタ丼など食のショーウィンドウですから、見逃す手はありません。最近は道産小麦とか道産蕎麦などを売りにしている店もあります。エゾ鹿肉のカレーもあります。

 空港の飲食店ですから、街で探した方が良いモノに巡り合えることが多いのですが、一堂に会しているのを見ると興奮します。

 

下の階では物産が充実しており、毛ガニ、タラバガニも、花咲ガニも、

f:id:PECHEDENFER:20160816141526j:plain

ジャガイモも、

f:id:PECHEDENFER:20160816141549j:plain

とうもろこしも買うことができます。北海道は食が豊かです。近い将来は、道産米も人気商品になるかもしれません。どんどん品質が向上していますから。

 

チェックイン

いつまでも空港にいるわけにはいかないので、チェックインカウンターホールへ。かなり混雑しています。

f:id:PECHEDENFER:20160816142141j:plain

おっとここは、今日来てはいけない場所でした。JALはというと、

f:id:PECHEDENFER:20160816142247j:plain

がらがら。お盆期なのに、こんなことで経営大丈夫?と心配になりますが、本日の東京便はほぼ売り切れています。なんでANAJALにこんなに差があるかと言うと、

JALの方が使っている床面積が圧倒的に広い

からでしょう。既得権なのですね。ANAが権益を広げようと、今だにガチャガチャ言っては一部の反感を買っていますが、こういう実情があるのでした。また旅客の立場からは、

・現時点では、国内線はJALが得

だとも言えそうです。特に混雑が嫌いな人は。

 

正しいチェックインカウンターはここでしょうか。表示がいろいろあって、分かりにくい場合、係員に訊けば丁寧に教えてくれます。

f:id:PECHEDENFER:20160816143035j:plain

ここでチェックインして、右手の保安検査場に向かいます。ここも大して混んでいません。

f:id:PECHEDENFER:20160816143237j:plain

実は手前に別の入り口があります。9 3/4番Chitose versionです。

f:id:PECHEDENFER:20160816143617j:plain

oneworld会員について表示がないので、ここは使わず、裏口から入ることにしました。一般レーンも空いていますから、それで十分。飛び込んで跳ね返ると痛いし。

 

ちなみに待合ホール側からは、侵入できました。

 

Le monde de JAL

ゲートは11番。ターミナル中央付近の良い場所。

f:id:PECHEDENFER:20160816144318j:plain

この空港の制限域の面白いところは、JALANAで利用空間をはっきり2つに分け、壁で仕切っているところです。自由に行き来できます。客層が違うのか、雰囲気ががらりと変わります。11番はANA占領地域に最も近い、JALの最前線です。

 

本日の事前改札は、

「2歳以下の小さなお子様をお連れのお客様」

でした。先日の羽田発の事前改札

JL513:HND-CTS 普通席(その1) - バス代わりの飛行機

とは異なり、本来の形で行っていました。それでも小学生ぐらいの子供が大人を引き連れ、ゲートを通ってしまいます。係員は制止しません。そういう事情もあるので、羽田では「お子様をお連れのお客様」になったのでしょう。お盆ですから、気楽に使っていただくのが一番。

 ただでさえ墜落事故が怖いのに、細かいルールがあったら、飛行機なんか使えません。JALはそういうお客様の味方です。もちろん頭上の荷物入れにしまう時は、ANA FESTAでお買い上げのお土産でも、笑顔でお手伝いします。

f:id:PECHEDENFER:20160816145801j:plain

(JAL機内にANA紙袋。本当に向こうのお店でお買い物されたのですね。偉大です日本老人。立派ですJAL乗務員。)

中は新感覚エコノミーではなくてSKY NEXT。2-4-2の配列。クラスJは機能的でよろしいのですが、コンセントはありませんね。

 

11番ゲートですから、隣はANAの巣窟。K席だったので、青組部隊の雄姿が良く見えます。

f:id:PECHEDENFER:20160816150156j:plain

興奮しても「ANA万歳」と叫ぶことだけは控えないと。JALの機内なので。

 

ほぼ時間通りにドアクローズ。約15分後に離陸、その10分後にシートベルト警告灯が消灯するという、極めて順調な出発。

 

初めて気が付いたのですが、正面の液晶画面は巨大です。

f:id:PECHEDENFER:20160816151114j:plain

クラスJの4座席分。

 

離陸から、シートベルト警告灯消灯までは、飛行情報を表示しています。

f:id:PECHEDENFER:20160816151542j:plain

この画面を最後に飛行情報は中断され、番組らしきものが始まります。JALがスポンサーのTV番組のようです。続いて始まるJAL Newsは、JALがスポンサーのニュース番組ではありません。

f:id:PECHEDENFER:20160816152843j:plain

JALに都合の悪いことを除く、JALに関するニュースです。要は宣伝。よく言って、お知らせ。

f:id:PECHEDENFER:20160816151706j:plain

台場のホテルも位置と建物外観を良く宣伝しておかないと、One HarmonyはHHonorsに客を取られます。

 

f:id:PECHEDENFER:20160816153104j:plain

日本各地からホノルルへの路線は、JALのモノ。ホノルルの宣伝は通年。

 

f:id:PECHEDENFER:20160816153148j:plain

宣伝としては、正統派。機内販売の案内。

 

f:id:PECHEDENFER:20160816153230j:plain

機内販売ご利用にあたっては、JALカードが絶対お得です。万が一、JALカードに入会なさっていない場合は機内でも入会できます、という話ですか?

 

f:id:PECHEDENFER:20160816153332j:plain

夏休みも先得。あと2週間で8月は終わりますが、先得は28日前までにご購入下さい。

 

f:id:PECHEDENFER:20160816153538j:plain

SKY NEXT「こんなにいい男が乗っています。」 or 「こんないい男に見えます。」という誤解に誘導する古典的な広告。さすがにふらふら騙されるほど広告リテラシーのない現代人はいないでしょう。

 

f:id:PECHEDENFER:20160816153907j:plain

あなたに身近なところでも、マイルが2倍。

 

jalphobia(JALが大嫌いな人)は、クラスJ最前列中央だけは避けた方が良いと思います。一方JALべったりの人は、情報のモレをなくすことができるので、前方DEFG席が良いはず。

 

飛行情報が戻って来ると、こんなところを飛んでいます。

f:id:PECHEDENFER:20160816154442j:plain

あっという間に関東平野。窓から街明かりが見えるまでは、それほど時間はいりません。千葉のどこか。

f:id:PECHEDENFER:20160816154545j:plain

しばらくすると、東京湾に出ます。ずいぶん遠くに東京が見えます。ここはK席なので、D滑走路を使うことが予想できます。

f:id:PECHEDENFER:20160816154730j:plain

やはりD滑走路へ進入しました。ターミナルまでは少々距離があります。B777ですが、今日は翼の前なので、ジェットエンジンの音は目立ちません。

f:id:PECHEDENFER:20160816155030j:plain

到着は14番とプレステージなゲート。新千歳と異なり、羽田では右を向いても左を向いてもJALだらけ。anaphobiaでも安心。

f:id:PECHEDENFER:20160816155210j:plain

 

機内サービスは当然のこと、歴史的なしがらみ、顧客層、商品開発と、いろいろなレベルで濃厚なJALの世界が表れていました。日本人は誰でも相手できますよ、みたいな間口の広さを見せて、その実かなり個性的。ちなみに本日の機内サービスの距離感は、個人的にはまさに適当。裏読みできるぐらいが、丁度良い気がします。

 

旅の終わりはやはり地下。旅情はありません。

f:id:PECHEDENFER:20160816155324j:plain

ターミナルビルをそのまま歩いて出て、バスとか、タクシーで空港を去る方が、すっきりしています。