バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

BAも会員資格を12か月延長

ようやく決心がついたようです。

Something to make you smile

と題したメールでお知らせがありました。

f:id:PECHEDENFER:20200612130017j:plain

"...And so today, we wanted to tell you something that we hope will make you smile. "とイギリスっぽい英語。

 

Gold Guest List 会員資格も12か月延長になります。すぐ疑問に思ったのは、延長期間に入る前の搭乗実績の取り扱い。本来の会員年度は貧弱な搭乗記録となるでしょうが、それが次回の更新で加算できるかどうかは、大きな違い。

 

そしてわからなかったのが、

”What’s more, it will be even easier to retain your Gold Guest List status next time you’re up for renewal, as we’ve decreased the amount of Tier Points needed by 25%. This is the same for upgrade thresholds too, making that next Tier more achievable. ”

の部分。次回の更新では、2,250 ポイントでよいということですか。

 

詳しく知りたければ、説明サイトがあります。

Tiers and benefits | Executive Club | British Airways

f:id:PECHEDENFER:20200612131535j:plain

会員資格一年延長は2020年7月の更新から始まり、2021年6月の更新まで続きます。会員資格はそれぞれの会員年の切り替え日で自動更新です。25%引きのコロナ割は、資格が自動更新した後で有効になるようです。つまり tier points については、本年度 -100%、次年度 -25% で資格は更新します。

 

なお上位会員資格の達成の場合に必要な tier points も -25%のコロナ割は有効です。注意するべきことは、BA-IBの搭乗実績に関する要件

  ・Bronze は2搭乗

  ・Silver と Gold は4搭乗

は変わらないことです。これは更新の場合も同じです。また vouchers 獲得に関しては、割引はありません。

 

f:id:PECHEDENFER:20200612135054j:plain

最初に浮かんだ疑問については、何も特記事項がありませんでした。すると AF-KLM と同じ処理になります。つまり、

 

2020年7月から2021年6月の更新では、過去一年間の搭乗実績はリセットされ、更新後に改めて tier points を積算しなければならない。更新や上位会員資格への tier points の基準は、その一年に限り25%下がる。BA、IBの搭乗実績に関する要件は変わらない。

 

なお、その他の特典については、すでに Voucher 類の有効期限が 6か月延長されることが決まっています。会員特典のコロナ救済の中で問題なのは、

 

Concorde Room Card

 

についての記述が全くないことです。Voucher 類と同様に6月の延長が妥当な措置だと思いますが、この段階で話が出てこないとなると、一切救済措置なしの可能性が高くなってきました。発行している数が少ないから無視ということなのでしょう。

f:id:PECHEDENFER:20200612135136j:plain

5,000 tier points で得られる Concorde Room Card

7,000, 8,000, 9,000 tier points で得られる 50,000 avios

Lifetime tiers

にはコロナ救済なしと整理されます。

 

さてこの資格延長措置、会員によって幸不幸が分かれます。例えば、あまり搭乗したくないけれど、会員資格だけ欲しいなどという方には、6月更新と7月更新では天と地ほどの差があります。また7月更新で、いつも会員年度の終わりに集中して搭乗する方は、格下の会員資格が一年延長されます。いずれにしても7月更新は不利、6月更新は有利ですね。

 Pechedenferは 1月更新なので、7か月ほど先に「会員資格1年自動更新」が来ます。それまで搭乗しなくても、2022年2月末までは会員資格が温存されます...などという仮定の話は意味がありません。さっさと国境を開けて欲しい方ですから。