バス代わりの飛行機

Le rayon d'action illimité. D'une véritable ruche bourdonnante.

英国の航空会社、空港、その他のトップページの現状

 

9月19日11:00(GST)からエリザベスIIの葬儀が行われます。現在英国内がどうなっているのかは、外国人なら気になるところ。以下に20ものスクリーンショットを掲載しますが、弔意を表していたページだけ取り上げています。つまり9月17日現在のイギリスの気分を代表するとはいえません。お悔やみメッセージを冒頭に挙げる企業は「決して少なくない」というレベルです。インフラとして機能している企業・団体はその傾向が強く、逆に日用品を扱う企業は普段通りです。

 ラクジャリー系は分かれました。王室から格段の愛顧を賜った企業、古い暖簾などは、意識せざるを得ないようです。各「ブランド」のイギリスにおける位置づけが伺えます。

 

ブリテッシュ・エアウェイズ

 

ヴァージンアトランティック

 

ロンドン・ヒースロー空港

 

ロンドン・ガドウィック空港

 

ロンドン・シティ空港

 

エジンバラ空港

 

カーディフ空港

 

マンチェスター空港

ちなみに代表的な商用空港は、調べた限りではトップページで弔意を表していました。

 

国鉄

 

BP

Lloyd's

 

ブリティッシュ・テレコム

 

ヴォーダフォン

 

ロールスロイス

 

アストンマーチン

 

ハンター

 

ハンツマン(1849創業)

 

バーバリー

 

テイラー・オブ・ボンド・ストリート

 

ウェッジウッド

 

フォートナム&メイソン

 

特定の UK ブランドが気になる方は、19日までにウェブサイトを覗いてみると、そのブランドの別の姿が見えるかもしれません。