バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

BA 3題

1 6月中旬BAは、短距離便のキャビンの新デザインを発表しました。

http://www.dailymail.co.uk/travel/article-2659030/An-eye-level-tablet-holder-four-way-moveable-headrest-business-class-shunted-economy-leg-room-British-Airways-unveil-new-cabin-interior.html?ITO=1490&ns_mchannel=rss&ns_campaign=1490

エコノミークラスはシートの背の書類入れを上に設け、膝回りのスペースを広げるとともに、タブレットの設置を可能にします。タブレットが機内備付なのかどうかははっきりしません。

ビジネスクラスは現在のClub Europeと大きく変わるものではありませんが、ブロックされる中央席のコンソールテーブルの使い勝手が良くなるようです。

全て皮のシートですが、現在の青系から黒~茶系になるようです。

(コメント)個人用iPad備付のエコノミークラスは、すでにQantasが国内線で実現しています。盗難対策が気になりますが、私も体験しました。これは地上で広く利用される技術を応用するだけだし、装置も小さくて済むはずなので、パナソニックなどIFEを作っている会社には脅威になるのではないでしょうか。

 

2 グラナダ(Granada, スペイン)に行くつもりがグレナダ(Grenada, カリブ海英連邦)へ。

アメリカ人がBAに対して損害賠償訴訟を起こしています。そもそもの原因はアルハンブラ宮殿のあるグラナダへ行く予定で搭乗した飛行機がカリブ海グレナダへ向かったというもの。

http://www.independent.co.uk/news/uk/home-news/the-flight-where-checkin-turned-into-cockup-9554326.html

(コメント)勘違いがどこで生じたかは、微妙なところなのでしょうが、これと同じ間違いが一週間前にも起きていたというのだから、乗客もBAもこの2つの地名には特に注意する必要があるようです。

 

3 ヒュースロー空港ターミナル5で受託手荷物のシステムエラー。

BAによると6月26-29日にLHRのBA専用ターミナルTerminal 5で、システムエラーが生じ、いくつかの便で荷物の積み残しが出たとのことです。29日現在荷物のチェックインは可能だが、必要不可欠な品は機内持ち込み手荷物に入れるよう助言を行っています。輸送が遅れている荷物が届くには数日かかる模様です。

(コメント)あまり驚きはありません。