バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

BAエグゼクティブクラブのGGL会員(その3)

How to be a GGL member

幸いoneworld各社の搭乗でも、tier points を得ることができます。アジアやアメリカでは旅客事情が相当異なるので、ヨーロッパとは段違いに容易な方法があります。ここはそんな話。

 

例えば、東京に家族を残して大阪に単身赴任するサラリーマンなら、BAの4搭乗さえ何とかなれば、日常生活で Gold会員にはなれます。週末の夜行バスでの帰宅をJALのクラスJにすれば、19往復で必要な tier points を超えます。出費の方は片道平均13,000~14,000 円ぐらいは必要でしょう。夜行バスに比べると相当費用がかかります。

 

GGLは日本に舞台を移してもそこそこ大変なのは事実で、tier pointsを5,000 得るためには

 

JAL普通席で羽田-伊丹250往復

JALクラスJで羽田-伊丹63往復

JALファーストクラスで羽田-伊丹42往復

 

となります。単身赴任者の週末帰宅でも、主にファーストクラスを利用する事になります。それ以外に、BA4搭乗のためロンドン巡礼も必要。何様と奥さんの実家に陰口を叩かれます。

 他に日本人で考えられそうなパターンとしては、何かにはまってバンコク通い。Malaysia 航空の KUL 経由便を利用して、

 

・MHビジネスクラスで成田-バンコク14往復

 

距離と費用は別にして、動機と頻度の関係は自然です。「何か」が何であれ、年間14回なんて言わず、もっと頻繁に訪れたいはず。直行便より遠回りな上、ビジネスクラスを誰が使うかとなることも見えています。

     « ich hab’ mein Herz in Krungthep verloren »という国際派は、同じ費用と時間でも数多く通えるエコノミー直行便を選ぶはず。なおMHの格安エコノミーは、加算対象外のことが多いようです。

 

以上、日本在住者が比較的簡単にGGL会員になる方法の例でした。足しげく通う動機のある人が、tier pointsのために最安最短ではない方法を選択する場合に、容易に達成できます。

 

f:id:PECHEDENFER:20180102093247j:plain

 

GGL会員の継続

GGL会員になる場合は5,000 pts必要ですが、継続には会員年度内に3,000 tier pointsです。

f:id:PECHEDENFER:20180110182951j:plain

BAの4搭乗も必要となっています。GGL会員はGold会員の特別版という位置づけで間違いありません。

 またこのグラフにあるレベルでは、The Concorde Room Cardは継続されないことに注意が必要です。その特典の継続には、年間5,000 ptsが必要です。

 

終身GGL会員

tier pointsを100,000 pts獲得したら、終身GGL会員になります。終身Gold会員の基準が35,000ですから、やはり3倍程度に設定されています。

f:id:PECHEDENFER:20180112174903j:plain

 

もし修行をするなら ...

期間が一番短くて済むのは、JALのファーストクラスで HND-ITM を単純往復することでしょう。1日に4往復8搭乗可能で、480 tier points積算されます。毎日行えば、11日目に5,000 pts獲得。GGL会員の基準を超えます。

 

4時起床-23時就寝。活動=飛行機の搭乗

 

で連続10日強という感じでしょうか。「沖縄の空、行き帰り同じクルー」はよく聞きますが、それを超越するばかばかしさ。まさに「修行」と呼ぶにふさわしい気がします。もちろん、BAの4搭乗は別の日に行ってください。

 

どうせだったら、修行僧の皆さんは同じ調子で終身 GGL 会員になってみてはいかがでしょう。209日目に解脱します。

 6:30羽田発で始まり、21:30羽田着で終わる毎日が208日続くわけです。西行と東行の違いはあっても、1,667回の同一フライト。なかなかの苦行、荒行。家に帰らず、羽田空港に住まないと身体が持ちません。煩悩は自然と断つことが出来ます。

 しかし宗教家や予言者ではないPechedenferは、以下の問題点を指摘しなくてはなりません。

 

JAL国内線ファーストクラスでは機内食が出ます。ところで多数のブログから修行僧の表層心理を分析した結果、修行の動機の大部分は「豪華なフード、ドリンクサービス」のラウンジ利用で説明できることが明らかにされています。

 したがって眼前の機内食を逃すなんて、咎められるべき懈怠。しかし覚えておきたいのは、一食約550 kcalという熱量。つまり一日の摂取カロリーは合計4,400 kcal。毎日約2,200 kcal過剰となります。(成人男性の場合)

 修行中の魂のよりどころ、機内食。それが209日で460,000 kcalの余剰カロリーを生みます。46万kcal分の食品は、内臓脂肪、体脂肪に変換されます。ここでダイエット基本式、1 kg=7,000 kcal を用いると、

 

終身GGL解脱には、65 kgの体重増加を伴う

 

という結論が導かれます。

 「俺は基礎代謝が高いからこんなに増えないさ」という根拠なき楽観は、自分が神から選ばれた人間であるという妄想に等しく、相応しい結末が待っています。60 kgの人間は125 kgになり、「BMI40超え。渡辺直美の世界を思い知るが良い。」という天の声を聞くことになります。

 

破戒僧と罵られようが、機内食は無視して修行を続けないといけません。