バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

子供客への配慮:エールフランスの場合(補足)

ウェブサイトでの案内

エールフランスでは、子供連れ、乳幼児連れの旅も安全、快適に。子供一人旅のマネージメントも経験豊富。これらの詳細については、もちろんウェブサイトでも解説されています。型通りの説明ですが、Air France Magazine 267号に記載されていた内容が全てカバーされているわけではありません。

 

フランス語版

・子供連れ、赤ん坊連れ

Voyager avec un bébé en avion, embarquement prioritaire à l'aéroport - Air France

https://corporate.airfrance.com/fr/communique-de-presse/enfants-et-bebes-bienvenue-bord

・キッズソロ(子供一人旅)

Enfants non accompagnés

・子供質問箱

https://corporate.airfrance.com/fr/actualite/questions-reaction-les-personnels-dair-france-repondent-aux-questions-de-vos-enfants

 

日本語版

・子供連れ、赤ん坊連れ

乳児連れのご旅行 – エールフランス航空

・キッズソロ(子供一人旅)

付添いなしのお子様

 

あちこちにビデオ説明があったりします。時間があるときにゆっくり予習して下さい。

f:id:PECHEDENFER:20190726172124j:plain

 

子連れでフランス旅行なんて方は、抜かりなく情報収集して、充実したサービスを受けましょう。仕事に対する意識は、基本的には高いフランス人。平均的なクルーなら、制度としてのサービスにはしっかり対応してくれます。

 

ついでに調べてみました

JALANAも、乳幼児、子供への配慮は十分行っているはずです。おそらく日本社会に特化した形で。そこで調べてみました。JALのサイトでは、

 

国際線の子連れ(<12歳)

赤ちゃん、お子さま向けサービス(ご搭乗サポート) - JAL国際線

国際線での子供の利用(一人旅を含む)

お子さまの国際線ご利用についてのご案内(ご搭乗サポート) - JAL国際線

国内線の乳幼児連れ

赤ちゃん連れのお客さま(JALスマイルサポート) - JAL国内線

国内線の子供一人旅

お子さまだけでのご旅行(JALスマイルサポート) - JAL国内線

 

がそれにあたります。国内線は乳幼児だけ別扱い。ティーンは開拓の余地があると言う事で、今後に期待。提供される情報は規則の説明、機内での注意が多いことがエールフランスの場合と異なります。この辺はお国柄でしょう。

 

f:id:PECHEDENFER:20190726173656j:plain

 

大きなお子さんでは特別扱いは機内食ぐらいでしょうが、乳児に関しては予約制のサービスが多数あるので注意が必要。赤ちゃん連れで搭乗するときは、上のサイトを読んでおくとよいと思います。紙おむつぐらいは、配給してくれるようです。

 

注意ばかりで楽しげな演出は不足しているJALのサイトですが、客も知る必要があることばかりです。昨日まで平凡な修行僧、修行尼だった方が、思いがけず子を授かったら、慌てずに、まずは気を静めてこれらのページに目を通しておきましょう。「修行僧の朝は早い」というつぶやきが、「赤ん坊の朝は早い」に変われば JALデビューは間近です。

f:id:PECHEDENFER:20190726173932j:plain

このアメニティ、男の子用と女の子用の2種を合わせて撮影したようですね。

 

修行僧、修行尼が青組である時のために、ANAのサイトも紹介しておきます。

小さな子連れ国内線

小さなお子様連れのお客様 [国内線] | Service & Info [国内線] | ANA

小さな子連れ国際線

小さなお子様連れのお客様 [国際線] | Service & Info [国際線] | ANA

子供一人旅国内線

ANAジュニアパイロット(お子様一人でご利用のお客様) [国内線] | Service & Info [国内線] | ANA

子供一人旅国際線

ANAジュニアパイロット(お子様一人でご利用のお客様)[国際線] | Service & Info [国際線] | ANA

こんなリストを作る必要もない気がします。青組では「関係なくてもとりあえず知っている」みたいな勉強熱心な方が多そうなので。ANAANA で、「こんなに魅力あるサービスを提供していますよ」という宣伝はなく、利用方法や機内での注意が中心になっています。JALと比べても事務的です。サラリーマンに最適化した会社という印象が強くなるかもしれません。