バス代わりの飛行機

Le rayon d'action illimité. D'une véritable ruche bourdonnante.

Virgin Atlantic :宙に浮いた野望

その野望(2019年9月時点)

イギリス第二のフルサービスキャリア Virgin Atlantic は、ロンドン・ヒースローの第三滑走路の建設を当て込んで、将来計画をぶち上げています。2019年9月の話でした。

News: Virgin Atlantic - grand plans for new routes, second A350 enters service & new food - Turning left for less

この計画では、84もの新路線が描かれています。欧州線の拡充もさることながら、現在 19 しかない長距離路線に 35もの新路線を加えています。派手なのは結構。3本目の滑走路の実現に向けて、発着枠の協議が始まるのを待っていては遅いということでしょう。

 

f:id:PECHEDENFER:20210113192624j:plain

 

日本の旅好きになじみ深い都市では、東京線が復活し、大阪、シドニーオークランドシンガポールへ路線を開設することになっています。これだけ飛べば、BA の路線網に比べて遜色ありません。

しかしながら、その後の展開は皆さんご存じの通り。疫病禍による旅客需要の激減により、会社消滅の恐れありでした。何とか危機は乗り越えられそうなものの、青息吐息の状態が続きます。大胆な路線拡充の発表の一年後、実施されたのは大胆な人員整理でした。

Virgin Atlantic to cut a further 1,150 jobs despite rescue deal go-ahead | Virgin Atlantic | The Guardian

 

Richard Branson はろくに納税していないことが改めて強調され、すっかり悪者に。さらに今日 1月13日には、航空券の払い戻しが Ryan Air と並んで最悪であると報道されています。

Ryanair and Virgin Atlantic rated the worst airlines at dealing with refunds in 2020 | Flights | The Guardian

化けの皮が剥がれ、トップも悪者、会社も悪者というイメージができてしまいました。恐るべし武漢肺炎-COVID。

 

個人の経験ですが、BA では彼らから払い戻しが提案され、普通に返金されました。こういう時には差が出ます。しかしバックボーンが違うので BA 万歳、VS クズと言うのはさすがに酷です。

 

ステータスマッチ・キャンペーン

客への払い戻しにも応じなかったおかげで財務が持ち直し、戦略的に未来を考えるようになったのでしょうか。Virgin Atlantic はステータスマッチのキャンペーンを始めました。

https://flywith.virginatlantic.com/gb/en/flying-club/status-match-offer.html

f:id:PECHEDENFER:20210113195113j:plain

対象となるのは BA エグゼクティブクラブのエリート会員のみ。VS フライングクラブのシルバー会員かゴールド会員にマッチします。VS 便の予約を持っていることが必要条件で、BA の

・ブロンズ会員は1年間シルバー会員に

・シルバー会員は1年間シルバー会員に

・ゴールド会員は1年間ゴールド会員に

マッチされます。ただしブロンズ会員は VS のエコノミークラスではダメで、プレミアムクラス、アッパークラスの予約が必要です。2月28日までに申し込みを行います。マッチは次の VS のフライトの前に行われ、それは申込後30日以内ということなので、フライト自体は相当先でもよいようです。

 

現在の感染拡大状況では、VS の航空券を買う人間はほとんどいないでしょう。現金収入を得るための苦肉の策に見えますが、明らかに英国在住者を想定しています。もちろん狙いは BA から「航空機でよく移動する」会員の引き剥がし。

 BA のエリート会員は日本にも多いことでしょう。少し毛並みの違ったサービスを味わいたければ、この機会は一考に値します。渡航困難はまだまだ続きそうなので、購入するのはできる限り先の航空券にしたいところですが、いつまで可能なのか、確かめた方が良さそうです。

 

航空券とエリート会員資格のセット販売のようですが、12月の終わりに Etihad もやっていました。彼らのは応募期間が数日しかない flash marketing。成田空港発のフライトでもよかったため、日本人の利用も可能でした。しかもステータスマッチの必要はなく、徒手空拳でOK。こういうオマケつき販売は流行りなのですかね。

 

普段からステータスマッチ

VS のキャンペーンですが、千載一遇のチャンスと言うほどでもありません。というのは、フライングクラブでは普段からステータスマッチを行っているためです。会員引きの対象となる FFP は決まっており、直前では下の表のとおりでした。

 

Airline

Programme

Top tier

Second tier

British Airways

Executive Club

Gold

Silver

Jet Airways

JetPrivilege

Platinum, Gold

Silver

Emirates

Skywards

Platinum, Gold

Silver

Air India Flying Returns Maharaja Club Golden Edge Club

Etihad

Etihad Guest

Platinum

Gold

United Airlines

Mileage Plus

Premier 1K     

Premier Platinum

 

それぞれ top tier はフライングクラブ・ゴールド会員に、second tier はフライングクラブ・シルバー会員にマッチします。この場合も VS の予約を持っている必要があり、それはプレミアクラスかアッパークラスでなければなりません。今回の BA 会員を対象としたキャンペーンは、キャビンクラスの点で有利になっています。

 

顧客引き抜きとはいえ、前向きにキャンペーンができるところを見ると最悪の状態は脱したようです。しばらく戻らない航空需要の虚を突いて LHR の発着枠を獲得し、日本に再就航してもらいたいものです。