バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

日本語のエラー

(1) アリタリアの機内サービス

アリタリアの日本語サイト。これを見て違和感を感じる人が多いと思います。

f:id:PECHEDENFER:20171211192336j:plain

違和感の原因は、たぶん次の通り。

 

「機内通訳が乗務している。」と宣伝していますが、機内で通訳が必要になりますか?つまり客が言うことを別の言語に翻訳して、客の対話相手に伝える任務の人間が必要ですか。 

 乗務員が自身で日本語を理解、他の客と同レベルのサービスを行うのでは通訳ではありません。機内日本語環境に関して、他社は「日本語を話す客室乗務員が...」と書いているはずです。アリタリアの書いたことは機内シェフみたいなもので、サービスで必要なプロセスの一部(日本語をクルーが理解する)を独立させ、それを担う人員を配置したということです。

 

不適当な宣伝と騒ぎ立てられることはないでしょうが、たぶん看板に偽りありです。「映画を同時通訳してくれ」と勘違いする客が出ないことを祈ります。

 

(2) コピペでしくじるJAL

JAL国内線ファーストクラスは10日に一度メニューを変えるという、なかなか贅沢なサービスです。内容もプレゼンテーションも国際線エコノミークラスよりはるかにレベルが高く、感心しています。こだわりの日本酒も魅力。

 それはそれ、これはこれで、今日は暴くのが目的で登場願いましょう。ファーストクラスのメニュー。

 

12月上旬のメニュー日本語版。

f:id:PECHEDENFER:20171211194352j:plain

こんなスナップショットを紹介しても、誰も読まないでしょうから、手っ取り早く指摘します。問題の部分を再掲すると、

 

[日本酒]※3銘柄のうち1銘柄をご用意しております。詳しくは乗務員にお尋ねください。

◇澤屋まつもとShuhari ID<京都府

..........。

冩樂 純米大吟醸 赤磐雄町<福島県

..........。

※銘柄が変更になる場合もございますので、ご了承ください。

 

シャンパン]

エドシック・.....

 

と、日本酒は2銘柄しか無いのに、3銘柄から選べることになっています。コピペに由来する典型的なミスですね。ちなみにメニュー英語版でも全く同じミスをしています。

 

f:id:PECHEDENFER:20171211194318j:plain

ここまで見事なコピペなら、あっぱれ。UUU-JJI-JGCが騒ぎ出さないかと、心配です。

 ほら、新入社員に説教垂れるみたいに始めますよ。きっと。

 

Pechedenferは「10日毎に作るのですものね。面倒くさいものね。仕方ないよね。」という顔をして、面白がるだけ。文句を言う気はさらさらありません。内容には満足。和食は和食と認識できる膳で、なかなかまともです。10日に一度の入れ替えに加え、朝昼晩で出す物が異なり、羽田着便と発便で異なるので、ドメ専ダイヤ諸氏も飽きにくいと来ています。

f:id:PECHEDENFER:20171211195323j:plain

 

とにかく奇妙な日本語は、ANAの専売ではないことは確かです。安心しました。