バス代わりの飛行機

Le rayon d'action illimité. D'une véritable ruche bourdonnante.

初の請求交付はエーゲ航空のゴールド会員証

ブリティッシュ・エアウエイズ、エグゼクティブ・クラブのゴールド会員や GGL 会員が Avios を使ってJAL 国内線を利用すると、路線によっては大変【お得】と以前書きました。

国内線なら Avios を利用した北海道旅行、九州旅行が「お得熱」患者の常識 - バス代わりの飛行機

しかし人は【お得】のために旅するわけではありません。Man shall not live by advantage alone と偉い人も言っています。必要ある移動で Avios を使うのが人の道。Quo vadis ?

 

羽田発ならラウンジだけはどこへ出発しても変わりません。飲み食いタダなので、食いだめが可能なら一食半ぐらいは楽勝で節約。そういう感じで利用する客も大勢います。あの黒トレイの上にビール2グラス、炭水化物の塊x3、みそ汁、ハーゲンダッツという感じ。遠くをぼんやり見ながら比較的ゆっくり、様々な音を発しながら飲み食いする点が共通します。これは JALJGCプロトコルではないので、【お得】派はこの通りにできなくても気にかけることはありません。

 

ブログがあるので最低限の撮影。

f:id:PECHEDENFER:20210426120827j:plain

前回と同じアングルで挑発してみました。今度は「JGC よけ」を敷いたので、JAL な方はなんとなく~退散しそう。

 

国内線利用では、絵になるものがありません。ブログ更新が目的なら、JAL 国内線は決して良い Avios 利用法ではありません。

 

BA と前後して届いたカード

エーゲ航空からも郵便が届きました。会員資格を更新したところなので、不思議ありません。

f:id:PECHEDENFER:20210423193851j:plain

 

中身はいつもと変わり映えしません。会員カードと荷物札が一つ。荷物札は金属のリングでぶら下げます。

f:id:PECHEDENFER:20210423194001j:plain

ところがよく見たら、カードの期限が2021年 5月24日。そして送り状を読むと、請求があったので送ったとあります。すっかり忘れていましたが、エーゲ航空は毎年の会員カードの送付を止め、請求により交付することになっていました。そしてこれも記憶が薄れているのですが、カードが無いのは不便と請求した気もします。

 

しかしこのカードについて言えば、有効期限は残り一月。エーゲ航空の担当者の無駄骨になりました。悪いことをしました。

 

2022年 5月24日までゴールド会員資格を更新したのは、たぶんこの請求の後です。したがって新カードを手に入れるためには、改めて手続きをしなければなりません。

 

利用価値が高いプラスティックカード

利用がエーゲ航空オリンピック航空に集中しているのなら、こういうカードはおそらく必要ありません。ところが他社利用の場合、証明する必要がたまにあります。カードがないと、アプリから画像を表示する必要があります。出発の際にはスマホのバッテリーが気がかりです。アジア在住だと、スターアライアンス他社の利用が多くならざる得ないので、実体のあるカードを持つ意義は比較的大きくなります。

 

JAL も会員カードが請求交付になりました。JAL を使うことが多いなら電子カードだけでよい気がします。ワンワールド他社の会員だと、 JAL の国内線利用時にはマイル登録などの手続きを空港で行うことが多く、会員カードが便利です。これは JAL のシステムが貧弱なためですが、彼らに改善する気はなさそうです。露骨に JMB、JAL カード、JGC へ誘導しているように見えます。

 

JAL ではメタル会員も、会員カードは請求交付になったのでしょうか。カードが特別製で象徴的な意味が強いので、大部分の会員が交付を望むでしょう。これまで同様、全対象者に送付する方が良さそうです。ダイヤモンド会員との比較で、そのぐらいの特別感は欲しい所です。