バス代わりの飛行機

Le rayon d'action illimité. D'une véritable ruche bourdonnante.

TG676:BKK-NRT エコノミー

単純にTG677と対になるフライトです。A380で飛ぶバンコクからの成田便。朝早いのが玉に瑕。

f:id:PECHEDENFER:20170924150113j:plain

貴重なA380の日本便には、客も少しは努力して早起き。

 

朝早いため、あまり客は望めないのではないかと思います。一日のうちに、NRTを往復するため、仕方ないと言えば仕方ないのですが。

f:id:PECHEDENFER:20170924150202j:plain

 

ようやくご尊顔を拝することが。

f:id:PECHEDENFER:20170924151127j:plain

少し斜めから見た方が、A380らしさが感じられます。

f:id:PECHEDENFER:20170924151200j:plain

 

ここは羽田ではないので、優先搭乗を待つ長蛇の列なんてできません。このキャビンには、あっさり一番乗り。

f:id:PECHEDENFER:20170924151239j:plain

2階最後部のエコノミークラスです。8列しかありません。

 

本日、毛布は希望者にだけ配布。

f:id:PECHEDENFER:20170924151407j:plain

搭乗率は50%ぐらいだったので、キャビンがかなり冷えます。こういう時の気温の調整は難しいのでしょうか。それともさぼった?

 

飛び立ってすぐに機内食。位置づけとしては、朝食のようです。

f:id:PECHEDENFER:20170924151558j:plain

ホットプレートの御開帳。酢豚と呼ぶのが一番近い気がしました。

f:id:PECHEDENFER:20170924151719j:plain

機内食をスキップして寝ている人はいません。そこまで早朝ではないということです。ほんの1, 2時間の出発時間の差で、機内食を取る人の割合が大きく変わりそうです。

 

片付けが終わると、Da Nangあたり。

f:id:PECHEDENFER:20170924151938j:plain

照明は2段階に暗くなります。夜型になったのは、南シナ海上空。

f:id:PECHEDENFER:20170924152030j:plain

 

タイ航空のA380のエコノミークラスのシートは、他社比でそれほど良いとも思わないのですが、その割にはよく寝られました。

 

突然、東シナ海が干上がります。

f:id:PECHEDENFER:20170924152150j:plain

 

すぐに元にもどるのですが、これは何だったのでしょう。

f:id:PECHEDENFER:20170924152309j:plain

 

さて九州に入る頃には、到着前の軽食が出てきます。エコノミークラスでは最近の流行、ロール系の軽食。

f:id:PECHEDENFER:20170924152340j:plain

手も汚れず、片付けも簡単。もちろん積載重量も小さくて済むと、いいとこ尽くし。

 

このキャビンの前方はビジネスクラスですが、本日のフライトでは、間仕切りの透視穴が開放されていました。

f:id:PECHEDENFER:20170924152611j:plain

また通路のカーテンも閉じられず。

f:id:PECHEDENFER:20170924152640j:plain

適当な運用です。こういう緩さはタイ航空。

 

到着はもちろんターミナル1。ANAの機材で溢れるエリア。

f:id:PECHEDENFER:20170924152722j:plain

 

この空港では異質な大きさ、A380

f:id:PECHEDENFER:20170924152820j:plain

名残惜しいというよりは、また乗ってみたいと感じます。