バス代わりの飛行機

Tipps für Flugreisen

01: AF

観念したエールフランス

経営のことではありません。むしろそっちの方は世界中の航空会社が、健全か不健全かなんて問題にならない事態に陥り、大部分の会社に国家のサポートが入ることがほぼ確実。皆が皆そういう状態では、エールフランスの経営問題なんて一時棚上げ。社会の厳しい…

混乱の数々

パニックになっているのは、メディアかもしれません。 3月16日、G7首脳が緊急首脳会議をテレビ会議の形で行い、共同声明を出しました。 共同声明では「ウイルスのパンデミック(世界的な大流行)が、人道的な悲劇かつ世界的な衛生上の危機であり、世界経済に…

小さな話題

豚の日 本日3月1日は豚の日。家畜の豚に関するお祝いらしいので、豚を神として奉る宗教がある訳ではないようです。なお世界で最も豚肉に依存しているだろう中国のお祝いではなく、アメリカ発の文化。 ハロウィン以降、大型のお祭り輸入がありません。今年…

空港アクセス:Flying Blue関連の新事業やパリの試み

空港アクセスのお話を2つ。Air Franceの利用者にはどちらも重要な動きですが、たまたま重なっただけで相互には関係ありません。 マイルが貯まる空港アクセスサービス Air France はすでに30年も提携している Hertz とともに、新たな空港アクセスサービスを開…

なんでもアンケート

流行ですか。フライトの後にはアンケートが送られてきます。恐らくすべての搭乗者に同じメールを送っているのでしょう。すると相当な規模になるはずで、各社ビッグデータの処理に力を入れているようです。今日、手に職をつけるなら、数理・情報科学、データ…

AF1822:CDG-MUC ビジネス (エピローグ)

エールフランスのフライトを利用した時の Flying Blue へのマイル加算は非常に素早くなっています。搭乗便が空港に到着した後、1~2時間経つと記録されています。驚きました。 乗継便を待っている間に、先ほど降機した便の加算が済んでいることもあり、な…

AF1822:CDG-MUC ビジネス

格が2ランク違う首都と首都を結ぶ便。とは言っても、Schengen内路線と言うこと以上に、注目すべきことはありません。出発がターミナル 2F なのは、いつものとおり。 搭乗まで一時間弱。時間つぶしに階下のラウンジへ。 ヨーロッパ内の都市間移動は、エアラ…

AF1131:MXP-CDG ビジネス

先日の Quality Observer 実施便とペアとなる復路です。一日の内、最も良い時間帯を使っての移動。冬場は日が短いので贅沢な時間の使い方になります。 Malpensa 空港は、市の中心部から50 kmもあります。バスでも電車でも50分ぐらい。市内では主に中央駅と結…

AF1230:CDG-MXP クオリティオブザーバー(エピローグ)

ミッション完了は礼状メールで確認 個々の搭乗客には大事(おおごと)になる Quality Observer のミッション。終了するとすぐにお礼メールが届きます。 今度のメールは、フランス語主、英語従です。依頼メールは逆でした。フランス語で回答したことに対応し…

AF1230:CDG-MXP クオリティオブザーバー

人件費がもったいないので、サービス現場は搭乗客に点検させるという経費削減法 Quality Observer。3回目のミッションに誘われました。こういう建設的なケチは、オランダ人っぽいのですが、Pechedenferの場合いつも Air France でミッションが設定されます…

近況

なかなか更新できませんが、その間にも世の中ではいろいろなことが起きています。読者諸氏も関連ニュースは耳にしていると思いますので、ここでは個人の身に起きたことを中心に紹介します。 1 Quality Observer の実施依頼 いつもの通りエールフランスへの…

アコーホテルの新しい提携会社

台風19号がひたひたと近づいてきています。今日、東京の鉄道は13:00頃に運転打ち切りになりそうです。東京周辺に住んでいる方は、出かけると夕方帰って来られなくなります (注1)。大人しく自宅謹慎するしかありませんね。しかも連休初日。C'est bien ma vein…

フライングブルーの改悪?改良?

通知はなかった気がしますが、フライングブルーがいつの間にか変わっていました。搭乗実績 xp の積算期間に関する部分です。結論を言えば、ずるがしこい顧客には改悪。前向きに評価すると、より公正なプログラムになりました*。 *:もしかすると xp の導入後…

距離制を維持するフライングブルーの航空会社

この会社のマイレージプログラムもフライングブルーですが、AF や KLMとルールが大きく違うという不思議なお話。 エアカランとは 成田空港にも就航しているのでご存じの方が多いと思いますが、Aircalinというフランス籍の航空会社です。ヌーベル-カレドニー…

エールフランスの予約クラスO

ビジネスクラスの生まれた背景には、値引販売された航空券が数を増していた時代に、正規料金を支払った客と格安で購入した客との不公平を解消する意図がありました。正規運賃自体は、その後も「標準価格」として長らく存続できたので、ビジネスクラスは効果…

AFの予約を2つ入れたら

その後2,3日の間に記事がいくつかできてしまいました。関心がエールフランスに向くと、意識せずとも関連する話題やニュースを拾ってしまうようです。パリ乗継の欧州内ビジネスクラス往復は、400 €から脚が出るぐらい。それで 60 xp が得られます。フライン…

子供客への配慮:エールフランスの場合(補足)

ウェブサイトでの案内 エールフランスでは、子供連れ、乳幼児連れの旅も安全、快適に。子供一人旅のマネージメントも経験豊富。これらの詳細については、もちろんウェブサイトでも解説されています。型通りの説明ですが、Air France Magazine 267号に記載さ…

子供客への配慮:エールフランスの場合

重要な顧客層 気の長い投資とでも言うべきでしょうか。子供は航空会社にとって、非常に重要な客層。飛行機旅行は大人が感じるより非日常的になり、強く印象に残ります。それが楽しい思い出ならば、長じてもその航空会社の利用を常に考えるようになります。強…

Points + Miles の初加算

アコーの会員プログラム Le Club の新しい試み Points + Miles。エールフランスなどのFlying Blueとの連携です。詳細はこちら。 アコーと AF-KLM の相互プログラム Miles+Points (1) - バス代わりの飛行機 アコーと AF-KLM の相互プログラム Miles+Points (…

アコーと AF-KLM の相互プログラム Miles+Points (2)

Conditions Généralesのまとめ(つづき) Miles+Pointsに加入した会員は、最初の有効な滞在で Le Club のアカウントに1泊の宿泊実績、Flying Blue のアカウントに 5 XPが加算されます。そして最初の有効なフライトで Le Club のアカウントに1泊の宿泊実績…

アコーと AF-KLM の相互プログラム Miles+Points (1)

航空会社とホテルチェーンの提携 巨大ホテルチェーンとレガシーキャリアの間では、古くから提携が行われています。輸送業と旅館業は相補関係にあり、協同効果が期待できるので当然と言えば当然。近年の流行は、顧客囲い込み共同事業。つまり双方の会員プログ…

パリ Charles de Gaulle空港 新ターミナルの計画

蘊蓄ネタ向けの数字 パリの表玄関 CDG 空港は、年間旅客数 6,900 万人が世界 10 位(2018年)。巨大空港と言って差し支えありません。ヨーロッパでは、世界第 7 位、7,800 万人のロンドンの LHR (2018)に次ぎます。一方 CDG の面積 32.4 km2 はヨーロッパ…

Flying Blue:(たぶん)システムのバグと修正

また Air France に関係するお話ですが、今日はマイレージプログラムの Flying Blue。関連航空会社ではないので、この記事が出てもリブランドとか解散合併は無いでしょう。そう願います。 Flying Blueの上級会員になるための基準 2018年4月に Flying Blue …

Air France-HOP ! の年間購入サービスあれこれ(その2)

前の記事は主に HOP ! の客をターゲットにした割引カードの話でしたが、アップロードしたとたん、次のニュースが舞い込んできました。 www.latribune.fr HOP ! という単独のブランドは無くなり、Air France HOPと改称されるとのこと。1月の JOON の記事 エ…

Air France-HOP ! の年間購入サービスあれこれ(その1)

Air Franceは近距離路線の多くを HOP ! ブランドの下、運航しています。フランス国内線、欧州線のうち、採算をとるのが楽ではない路線はこちらにお任せ。パリ ORY、リヨン LYSがこの会社のハブ。比較的便利な空港を使い、コストを削減、LCCを敬遠する層がタ…

AF1301:MAD-CDG ビジネス

刺激的な3レターコードは、Madrid Barajas空港。市内との間には地下鉄が通じています。節約派には嬉しい空港。ただし初めてこの空港に着いて、地下鉄利用すると 7 EURも請求され、驚くことになります。 ・空港も含めた市内主要部は一律 2 EUR ・厚さ 1 mm …

エールフランスの新しい会社 Joon の消滅

偶然の一致 1月11日のニュースに驚きました。Joon が 親会社 Air France に合併吸収され、消滅するとのこと。 www.lemonde.fr 驚いた理由は、そのニュースが当ブログでの初めて搭乗記 エールフランスの新しい会社 Joonの旅 - バス代わりの飛行機 のアップロ…

クオリティ・オブザーバー2回目のミッション

フレンチミッション第2弾。こんなことをやらせるのは、Air Franceだけです。 KAIZENのための調査法三種 昨年、米国の某大手航空会社で調査員を搭乗させ、サービスのチェックを行うという施策が内部漏洩だか噂だかで流れて大騒ぎになりました。もちろん騒い…

エールフランスの新しい会社 Joonの旅

Air France は改革の一環として、コストを抑えた会社を新たに立ち上げ、路線網の一部を移管しました。この会社は Joon という名で、サービスの上でもいろいろと新コンセプトを持ち込んでいます。これは実際に利用するとすぐに気が付く様なレベルのお話です。…

フライングブルーのフラッシュ・プロモーション

忘年会、宴会、オフ会...名称はいろいろですが、年末のパーティの案内が届く季節となりました。確かに11月も半分過ぎているので、当たり前のこと。個人的には忙しくて、何もできないうちに年の暮れ。かなり残念な 2018 年です。しっかり反省したいところ…